スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご提案

Category : 未分類
なんか非常に申し訳ないことをしてしまったようで申し訳ありません。
一応ここにまとめて書いておきますので、一参考意見として読んでいただけたらなと思います。
何か質問がありましたら、お気軽にお申し付けください。


選定基準
「予算10万円でレンズ2本、アウトドアにも使えるデジタル一眼レフカメラが欲しい」(できればペンタックスで)
この条件で最善を尽くすプランを考えて参りました。


「アウトドアでも使いたい」という条件では「防塵防滴」仕様の一眼レフが良いかと思いますが、防塵防滴仕様のカメラでも大雨の中や完全な水没になるような環境では使用出来ません。
ですが、防塵防滴仕様ではないカメラでも小雨程度なら、タオルやビニール袋で保護しながらの撮影なら何ら問題はありません。
どちらのカメラでも、雨が降りそうな場合はタオルやビニール袋などで配慮の程お願いします。
ペンタックスは防滴性能を売りにしていて、一部動画サイトなどで水洗いをしている映像などがありますが、あくまでも「防滴」なので、他社と同じように水を避けるような使い方を薦めます。
家に帰った後は、必ず風通しのいい所に置いておいてください。



次に「レンズ2本」という条件。
具体的な被写体を伺ってないので、参考程度に捉えてください。
カメラの販売形式では「ボディ」「標準レンズキット(1本)」「ダブルズームキット(望遠・標準2本)」「便利ズームキット(使いやすい焦点距離のレンズ1本)」の4種類が一般的です。

中でもお買い得なのが「ダブルズームキット」です。
これは標準レンズ(一般的な焦点距離)と望遠レンズ(遠い所用のレンズ)の2本がセットになったものです。
焦点距離で言いますと28-400mm相当で、大抵事足りるでしょう。
コストパフォーマンス的は最高にいいのですが、一つ心配なことがあります。
一眼レフカメラは「レンズを交換できる」というのが長所なのですが、登山やスキーなどの「極力荷物を少なくしたい」という場合には不向きです。
また18-55mm、55-250mmとちょうどいい所でレンズ交換になってしまうのも短所の一つです。
とりあえずダブルズームキットでレンズを揃えて、よく使う焦点距離を見つけるという方もいらっしゃいます。

次に「便利ズームキット」は、標準域から中望遠域までを1本で済ませたいという方に向いています。
荷物を少なくしたい方や、レンズをあまり交換したくない方に向いています。
焦点距離で言いますと28-200mm相当で、やや望遠側が不足していますがこの1本でも何とかなります。
ですが欠点がありまして、便利ズームはダブルズームキットのレンズと比べると画質があまりよろしくありません。
1本で全てをカバーするので、どうしても悪くなってしまいます。

余談ですが、一眼レフを買うと誰もがたどり着くのが「レンズ沼」です。
より良いレンズがほしい、より広いレンズがほしい、もっと望遠のレンズが欲しいという欲のことです。
おそらく登山をされている方なら「広角レンズ」が欲しくなると思います。
一眼レフの交換レンズは値段的に結構高いです。
特に純正レンズは高くなかなか気軽に買えるものではありません。
サードパーティ製のレンズがある場合は、安く代用できる場合もあります。

選択肢としては
1、ダブルズームキット(標準・望遠2本)を購入する
2、便利ズームキットを購入する
がいいと思います。



先程は不適切な表現を用いてしまいましたが、一眼レフの販売形式ではクラス分けがされています。
「プロ機」「ハイアマチュア機」「ビギナー機」の3種類が主なラインナップとなっています。
ビギナー機では気軽に撮影できる簡単撮影モードを中心に初心者でも簡単に撮影できるようになっていますが、防塵防滴仕様ではなかったり、操作性が少し悪かったりします。
ですが、サイズが小さめで軽いので登山にはいいのかもしれません。
買ってすぐ使える「便利ズームキット」や「ダブルズームキット」が用意されています。

ハイアマチュア機では、ビギナー機の簡単撮影モードに加えプロ機並のマニュアル撮影モードなども搭載されています。
簡単にいえばプロ機とビギナー機のいいとこ取りです。
防塵防滴仕様や2ダイヤル式(※参照)、肩液晶(※参照)など使い勝手の良いように設計されています。
短所は少し大きいのと、重いことです。
また機種によっては「ダブルズームキット」や「便利ズームキット」がラインナップされていない場合があります。

初心者だからといってビギナー機で無ければならないということはありません。
現に私のような初心者がハイアマチュア機を使っているのですから。
誤解を解くような表現を用いてしまい、誠に申し訳ありませんでした。

大きさは各機種違いますので、できれば店頭で手にとって見て欲しいです。
グリップの形状や握り心地、重さなど手にとってみないとわからないこともあります。
男の方なら、少し大きめの方が握りやすいかもしれません。



メーカーの選択ですが、一眼レフカメラはレンズをそのまま使い回して、ボディだけを買い換えることができるのです。
ですから、将来より高性能な機種が発売されても、レンズを付け替えるだけで使用出来ます。
しかしレンズを取り付けるところ(マウント)には規格があり、各社異なっています。
一度買ったレンズはほぼ一生ものですので、最悪一式買い直すことにもなりかねないので、レンズは資産、ボディは消耗品と考え慎重にマウント(メーカー)を検討されたほうがいいでしょう。
ペンタックスはレンズの種類が少なく使用している人も少ないですが、キヤノンやニコンは使用している人がとても多く、レンズの貸し借りもできると思います。



各社の長所・短所
ペンタックス
長所
・カラーリングを選べるなど、ファッション性が高い。
・防塵防滴性能が売り(「防水」ではなく、あくまでも「防滴」なので過信せず他社と同じように水に濡らさないようにする必要があります)
短所
・レンズの種類が他社と比べて少ないので、将来マウント変更(カメラ・レンズ一式を他社に乗り換え)する可能性がある。
・フォーカススピード(ピントが合う速さ)が他社に比べると遅いので、動体撮影は難しいかもしれません。

風景などの静物撮影ならペンタックスでも大丈夫です。
ペンタックスは決して悪いメーカーではないし、他社にはない独特な良い所があります。


キヤノン・ニコン
長所
・世界各国で使用され、レンズやアクセサリーの充実度が高いです。
・フォーカススピードがとても速く、動体でも静物でもストレス無く撮影することができます。
・使用している方が多いので、レンズの貸し借りなんかもできると思います。
短所
・独自性がなく、無難、硬派なイメージがある。

お子さんの成長を記録することがありましたら、無難なキヤノンかニコンをオススメします。




20130624_005818.jpg
赤い丸が「2ダイヤル式」
上のダイヤルで絞り値を変え、下のダイヤルで露出を瞬時に変えることができます。
赤い四角が「肩液晶」
絞り値・シャッタースピード・撮影可能枚数・電池容量など、必要な情報が一つにまとまっていて便利です。
無くても液晶画面に映すことができるが、肩液晶に映しておくことで電池節約にもなります。
DSC_0012.jpg
赤い丸が「簡単撮影モードとマニュアル撮影モードの選択レバー」
ハイアマチュア機でも簡単撮影モードがちゃんと装備されているので、初めての方でもご安心を。
赤い四角が「バリアングル液晶」
液晶画面を可変することができて、ハイ・ローアングル撮影時に便利です。



では具体的に機種名をあげてアドバイスしたいと思います。
Amazonの価格を参考表記させていただきます。

ペンタックス K-5Ⅱ

クラスとしてはハイアマチュア機で、2ダイヤル式、肩液晶付きと使い勝手もよさそうです。
販売形態が「ボディ」「便利ズームキット」のみになっております。
「K-5Ⅱ」と「K-5Ⅱs」という型番のカメラが販売されておりますが、「K-5Ⅱs」は特殊用途機ですのでお間違いのなきよう。
価格が「便利ズームキット」で103,200円、「ボディのみ」で74,800円となっております。
防塵防滴仕様で信頼性も高いと思いますが、ペンタックスはキヤノンやニコンのような大手メーカーと異なり「レンズの種類が少ない」「ピントを合わせる速度の速さが少し劣る」点が心配です。
決して悪い製品ではありませんが、後々のことまで考えると個人的にはオススメ出来ません。
大手2社は純正やサードパーティ製のレンズ・アクセサリーが充実していて、選択肢の幅が広いのです。

ペンタックスK-50

クラスとしてはビギナー機ですが、2ダイヤル式で使い勝手も悪くなさそうです。
販売形態は「ボディ」「標準レンズキット」「便利ズームキット」「ダブルズームキット」があります。
価格は「便利ズームキット」が103,320円、「ダブルズームキット」が80,820円と発売前なので少し高めとなっております。(いずれも 色シルバー/ブラック076 を参考)
防塵防滴仕様で単三電池にも対応しており、出先での機動性はいいと思います。
が、K-5Ⅱと同様に長い目で見るとあまりオススメ出来ません。
お子さんの運動会などの「早くピントを合わせなければならない状況」ではキヤノン・ニコンの2社には敵わないです。
海や山などの風景を主に撮りたい場合はいいのかもしれません。

ペンタックスK-30

クラスはビギナー機ですが、防塵防滴・2ダイヤル式の一眼レフです。
販売形式は「便利ズームキット」「ダブルズームキット」があります。
価格はそれぞれ 74,980円と67,800円です。
K-50との大きな違いは、単三電池アダプターが付属しているか別売かです。
こちらは別売のようです。
また防塵防滴ではないとお伝えしてしまったかと思いますが、防塵防滴仕様でした。
申し訳ありませんでした。

キヤノンEOS60D

私も使っているカメラです。
クラスはハイアマチュア機ですが、「便利ズームキット」「ダブルズームキット」が用意され、初心者でも問題ありません。
価格は「便利ズームキット」が91,354円、「ダブルズームキット」が74,575円となっております。
防塵防滴仕様、2ダイヤル式、肩液晶、バリアングル液晶と使い勝手も本当にいいです。
60Dを買うなら「ダブルズームキット」がいいでしょう。
発売当初の半額以下でこのリストの中で一番買い時のカメラです。
これなら将来的にも大丈夫です。

キヤノンEOS KissX6i

クラスとしてはビギナー機で、ひとつ前の型の機種になります。
Kissシリーズは発売すぐは価格が高いので、ひとつ前の機種がお買い得です。
1年毎に発売されるので、基本的に性能の大きな違いはありません。
価格は「便利ズームキット」で74,800円、「ダブルズームキット」で69,800円
こちらの機種は残念ながら防塵防滴ではなく、肩液晶や2ダイヤル式ではないですが、簡単撮影モードが充実しています。
またバリアングル液晶搭載で、家族の方に人気な機種となっております。
ニコンD5100はKissX6iと同系統の機種とお考えください。



セットだけ買えばいいの?という質問を多くいただくので書いておきますが、カメラを買うときに必ず買っておいてほしいものがあります。

・プロテクトフィルター

レンズの先端部分を傷や汚れから保護するガラスのようなもの。
レンズの先端に取り付け、レンズに直接触れるのを防いだりします。
万が一汚れがついても、フィルターなので拭いても大丈夫です。
購入する際は、フィルター径の確認を。

・液晶保護フィルム

携帯電話の液晶保護フィルムと同じもの。
貼らない派の人もいると思うが、保険のつもりで貼っておいたほうがいいでしょう。

・SDカード

フィルム代わりに無くてはならない物。
クラス4やクラス10と書かれたものがありますが、動画を主に撮らなければクラス4でも問題ないです。
しかし値段も安いのでクラス10にしておいたほうがいいと思います。
容量は好みだが、32GBを1枚買うより、16GBを2枚買ったほうが損失時のダメージは少ないです。
8GB~16GBでいいと思います。

・レンズフード

レンズに余計な光が入らないように、レンズの先端に取り付けるもの。
本来は上記の目的だが、レンズをぶつけた際の保護のためにつけておくことをオススメします。
つけておけば汚れもつかないし、不意にぶつけても大丈夫です。

・ブロアー

レンズのホコリを飛ばすもの。
安いのでもいいので一つは必ずもっておいてほしいです。

その他にも三脚やレリーズ、ストロボなどのアクセサリーがありますが、それはお好みで順次買い足すといいです。
最初は上記のものだけで充分です。



以上を元に試算すると次のとおりになります。

K-50の場合
・K-50ダブルズームキット             80,820円
・SDカード クラス10 16GB                   1,273円
・プロテクターフィルター49mm               982円
・プロテクターフィルター52mm               982円
・液晶保護フィルム                       未発売
・ブロアー                              827円

合          計                      84,884円

※おそらくレンズフードは付属されていると思いますが、要確認のほどよろしくお願いします。
※購入の際はフィルター径の再度確認を。


EOS60Dの場合
・60Dダブルズームキット         74,575円
・SDカード クラス10 16GB           1,273円
・プロテクターフィルター58mm2枚     2,308円
・液晶保護フィルム                    979円
・標準レンズ用フード                 1,254円
・望遠レンズ用フード                   982円
・ブロアー                             827円

合              計                          82,198円



まとめ
・個人的にはペンタックスなら「K-50」、キヤノンなら「60D」
・撮影したいものや撮影したい距離に応じてキットレンズの選択を。
・必ず店頭で手にとって操作性やグリップの持ちやすさを確かめてください。
・両機種防塵防滴仕様ですが過信せず、電子機器ですのでなるべく水をさける運用方法を。



この度は私の不手際でご不快な思いをさせてしまったことを深くお詫び申し上げます。
急ぎで頼むと言われ即応性を重視するあまり「文章をそのまま引用する」という文言を見落としてしまったことが原因です。
友人向けの簡素化した短文を打ち直して伝えているものだと思っていました。
申し訳ありません。
再発防止を徹底いたします。
また何かありましたら、お気軽にお申し付けください。
その際は直接お話できる環境をご用意させていただきます。
何か質問がありましたら、コメント欄や友人等に言ってくだされば丁寧に対処させていただきます。
本ページを急務で作成いたしましたので、私の力不足ゆえ誤字・脱字・誤情報・難しい用語等があるかもしれません。
ご指摘いただければ早急に修正させて頂きますので、よろしくお願いいたします。
それでは良いフォトライフを。

Comment

No title

こんにちは!先日、友人を通してカメラについて尋ねた者です。
突然たくさんの質問をしたにもかかわらず、丁寧に返答していただきありがとうございました。
メールの文章については、引用ということは聞いておりましたので気にしないでください。
カメラの件ですが、人気商品のため店舗に在庫がなく中々実物を見ることができなかったりと苦労しましたが、本日やっと実物に触れ、購入することができました。
プロテクトフィルターなどのアクセサリーについても、大変参考になりました。
手元にカメラが届くのは1~2週間後ですが、とても待ち遠しいです。
このたびは本当にありがとうございました。

No title

>>名無し様
ご丁寧なコメントありがとうございます。
そしてご購入おめでとうございます!
少しでもお役に立てたようで良かったです。
届くまでの時間って、すごく長く感じますよね。わかります。
また何かありましたら、気軽にお声をかけてくださいね。
それでは、良いフォトライフを!
非公開コメント

アクセスカウンター
  • 使用機材一覧
  • 最新記事
    最新コメント
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    08  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 
    サイト内検索
    リンク
     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。