スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寝台特急「北斗星」ラストラン

Category : 未分類
IMG_8995.jpg
1988年3月の青函トンネル開通とともに運行されてきた寝台特急「北斗星」。
ブルートレインの代名詞として人々に愛され続け「上野発の夜行列車」や「空色の汽車」として歌われたこともあったが、今年3月定期運行が終了し臨時運行として4月以降も運行してきた北斗星が、今日22日札幌発上野行上り列車をもって約27年の幕を閉じる。
沿線には道内外から駆けつけた鉄道ファンをはじめ、引退の知らせを聞きつけた市民らが北斗星の通過を見守った。
IMG_8991.jpg
17時45分頃、夕陽を浴びながら定刻通り姿を現した北斗星は、力強いディーゼルサウンドを轟かせながら、沿線の見送りに答えるように高く澄み透るような汽笛を一声し別れを告げた。
IMG_9003_20150822214117310.jpg
乗員乗客らも列車内から手を振るなど、見送りに答えていた。
列車窓には、ファンらが作った「ありがとう北斗星」などと書かれたイラストボードや写真が掲げられていた。
北斗星は明日23日午前9時25分上野駅に到着し、半世紀の歴史に幕を下ろす。
IMG_9016.jpg
本州と北海道を結ぶ寝台特急として残っている急行「はまなす」、臨時特急「カシオペア」は少なくとも2月まで運行される。
3月の北海道新幹線開通をもって引退となる見通しだ。
最後のブルートレイン「はまなす」と最後の上野行寝台特急「カシオペア」、いよいよラストスパートだ。
IMG_9031.jpg
スポンサーサイト

火災の「さんふらわあ だいせつ」室蘭入港

Category : 未分類
IMG_8629.jpg
先月31日午後5時15分頃苫小牧沖約55キロの地点で発生し死者1名を出した商船三井フェリー「さんふらわあ だいせつ」(乗員乗客94名)の火災は約11日間燃え続け、今月9日消火作業のため曳航された函館湾で鎮火が確認された。
同11日室蘭港へ曳航が開始され、本日早朝タグボートや海保消防艇に付き添われながら濃霧の室蘭港港口に姿を現した。
右舷側船体後方には、火災による熱の影響で塗装が剥がれ落ち旧九越フェリー塗装が顔を出す痛々しい傷跡が。
「さんふらわあ だいせつ」は旧東日本フェリー「にゅーれいんぼう らぶ」として室蘭-直江津-博多航路に就航した後、現在は商船三井フェリーへ移籍「さんふらわあ だいせつ」として苫小牧-大洗航路に就航している。
室蘭港は母港の一つとってもいい程「だいせつ」にとっては馴染み深い港だが、こんな形で凱旋になるとは誰が予想しただろうか。
港内をゆっくりとした速度で曳かれた「だいせつ」は、西第3埠頭沖にて転回。転回作業中タグボート「はやて」の推進器にロープが絡まるというアクシデントがあったものの、午前8時45分フェリー埠頭第4バースに災発生後、初めての着岸となった。
埠頭には多くの報道陣や市民が押し寄せ物々しい雰囲気に。
10時頃、クレーン車に吊られたゴンドラで海保職員をフェリーに移乗させる作業が行われた。
同日午後から運輸安全委員会、第一管区海上保安本部などにより業務上過失致死などの疑いで現場検証が行われる。
現場検証は少なくとも1週間かかる見通しで、本格的な原因究明が待たれる。
船体の修理または廃船の判断もまだ決まっておらず、修理の場合は再度函館港に回航されるそうだ。
船内の車両は早ければ17日にも搬出する方針。

詳報は続きから

→続きを読む

トワイライトエクスプレス、ラストスパート

Category : 未分類
IMG_7031.jpg
写真は3月12日札幌発の最終上り列車。
別れを惜しむかのように通過時刻には名残り雪が舞い降りていた。
IMG_7119.jpg
返却回送

IMG_6732.jpg
3月に入り各地で卒業式が行われている。
卒業ソングと聞いてパッと思い浮かぶのは「春なのに/中島みゆき」だ。
小学校の卒業式に流れていたのが印象深い。
中島みゆきと言えば「ホームにて」という曲をご存知だろうか。
「ふるさと行きの乗車券」で有名な曲なのだが、曲中に登場する「空色の汽車」が今年中に相次いで運行終了となる。
北海道では青色のディーゼル機関車に牽引されている寝台列車を思い浮かべるだろう。
その中でも一際有名な、そう「北斗星」と「トワイライトエクスプレス」だ。
「北斗星」と「トワイライトエクスプレス」は今月13日をもって北海道での定期営業運転を終了する。
「北斗星」は定期営業運転終了後も8月までは臨時運転される予定となっているが、「トワイライトエクスプレス」にあっては定期営業運転終了後北海道では見られなくなる。
IMG_6734.jpg
「トワイライトエクスプレス」廃止についてJR北海道・JR西日本によると廃止理由は、車両の老朽化と北海道新幹線開業に伴い青函トンネル内の電圧が変更されるためとのこと。
車両老朽化と発表したJR西日本だが、「トワイライトエクスプレス」廃止後使用していた客車をJR西日本管轄内でのイベント列車「トワイライトエクスプレス 瑞風」に使用すると発表され、青函トンネル内電圧変更が一番の理由と思われる。
IMG_6613.jpg
「トワイライトエクスプレス」は1989年7月21日に運転を開始した大阪と札幌を結ぶ臨時寝台特別急行列車だ。
約1500kmの道のりを約23時間の所要時間で運行する日本一の長距離旅客列車。
「トワイライトエクスプレス」の由来は出発日の夕方と翌朝の薄明を意味する「トワイライト」より。
従来の寝台列車と言えば「ブルートレイン」というイメージであったが、「トワイライトエクスプレス」は深い緑色の車体に黄色のラインが伸びる独特な車両が特徴だ。
北海道内では青色に塗装されたDD51ディーゼル機関車にて重連運転されているため、トワイライトも青色というイメージを持っている人も多いことだろう。
上り列車前から1・2号車A寝台、3号車レストランカー「ダイナーブレヤデス」、4号車サロンカー「サロン・デュ・ノール」、5・6号車B寝台、7号車B寝台・ミニサロン、8・9号車開放式B寝台、最後尾に電源車の10両編成。
同編成は3本用意されている。
小さな頃から乗り物図鑑でいろいろと眺めていたが、ホントにホテルのような車内となっている。
揺れる車内で本格的な食事が出来るなんて夢のようだと当時思っていた。
IMG_6616.jpg
「トワイライトエクスプレス」定期営業運転終了前の最後の週末となった昨日今日は、全国各地で一目見ようとする人で混雑しただろう。
ラストランはかなりの混雑が予想される。
くれぐれもトラブルなどにならぬよう、慎重な行動を。
今週の天気は荒れた日が続きそうなので、遅延状況は逐一情報収集された方が良いだろう。
最終列車は上り列車3月12日14時5分札幌発 翌13日12時53分大阪着と、下り列車3月12日11時50分大阪発 翌13日9時52分札幌着になる。
「トワイライトエクスプレス」は上記最終列車で見納めとなるが、「北斗星」は3月13日以降も臨時列車として8月までは運転が継続される。
詳しくはJR北海道公式ページにてご確認を。
北斗星はもう少し日が長くなってから撮影にでも。
IMG_6733.jpg
IMG_6957.jpg
IMG_6958.jpg

支笏湖・氷濤まつりが閉幕

Category : 未分類
IMG_6575.jpg
千歳市・支笏湖で1月30日から開催されていた「千歳・支笏湖氷濤(ひょうとう)まつり」が今月22日閉幕した。
会場となった支笏湖畔には大小合わせて30基の氷像が並び、大勢の観光客や市民らはその美しさに目を奪われていた。
今年は開催時期を1週間ずらし、旧暦の正月にあたる「春節」時期に開催し、中国をはじめとする外国人観光客が増加した一方、期間中の土日に悪天候が重なった影響で道内をはじめとする近郊観光客の入りが減少し、期間中の来場者数は例年と同じ23万人に留まった。
昨年9月の豪雨災害による土砂により、湖の水が濁り同祭りへの影響が心配されたが、11月頃までには透明感を取り戻し例年通り昼には支笏湖ブルーに輝く氷像に仕上がった。
IMG_6504.jpg
今年は新しい試みとして会場内を一望できる「天空回廊」を製作。
2つの展望台を繋ぐ高さ約5メートルの通路「天空回廊」から会場を見渡すことができ、大いに賑わっていた。
土日祝には約300発の花火が打ち上げられ、ライトアップされた氷像に華を添える演出も。
例年迂回路として使用される市道 湖畔1号道路が通行止めとなっている影響か、会場約2km手前より渋滞が発生。
約1時間30分ほど渋滞に巻き込まれながら会場入り。
先に書いた花火に間に合わなかったことが心残りだ。
来年また行く理由ができたとも言えるが。
これらの氷像はスタッフ10人が11月から骨組みを製作、12月には24時間体制で氷像に水を吹き付ける懇親の作品だ。

バーチャル氷濤まつりと題し、順路通りに掲載していく。
全体図は次の通り。
201502250001.png
千歳観光連盟HPより ※クリックで拡大
IMG_6575.jpg
冒頭にも掲載した「ウエルカムゲート」
中央部がトンネルとなっている。
氷の世界への入口だ。
IMG_6453.jpg
「国境の長いトンネルを抜けると氷の世界であった。」
川端康成の「雪国」だね。
IMG_6549.jpg
国境の以下略をすると正面に「レッドタワー」と「ブルータワー」がそびえ立っている。
IMG_6557.jpg
写真の通りレッドと言うよりはオレンジだが気にしない。
一方ブルータワーは
IMG_6561.jpg
スピリチュアルなパープルに近いブルー。
脱出ゲーム「青鬼」を彷彿とさせる青とも言える。
IMG_6559.jpg
トンネルを抜け右手にはアイスフォールズ。
その名の通り氷から水がジャバジャバ音を立てて流れている。
IMG_6470.jpg
「苔の洞門2015」
苔の洞門とは千歳市支笏湖に実際にある渓谷のことで、樽前山が噴火したときに流れ出た溶岩が、沢水等により侵食された回廊状の渓谷で、その岩壁には約60種類の苔が密生しているそうだ。
現在では崩落により、内部見学は不可能な状態ではあるが、氷濤まつりでは苔の洞門を再現。
IMG_6472.jpg
緑の照明だけではなく、草木も使用し再現。
鋭く尖った氷柱が印象的な空間だった。
緑の世界を抜けるとそこは
IMG_6480.jpg
真っピンク。
正式名称は「ゆらめきのチャペル」
氷上結婚式イベントはここで行われたのだろうか。
IMG_6482.jpg
ピンクのチャペルを抜けると、全方位を高い氷壁で囲まれた「ビッグマウンテン」
火口内部から見上げたような気持ちになれる。
IMG_6493.jpg
IMG_6517.jpg
今年初の試み「天空回廊」へ歩を進める。
2つの氷像を繋ぐ連絡橋である「天空回廊」はゆっくりと会場全体を見渡すことができる。
手前に見える白い角型の氷像は「氷濤神社」
IMG_6502.jpg
「天空回廊」から目線を右へ送ると「チャイルドリンク」
子供達による「アイスショー」が。
IMG_6520.jpg
IMG_6526.jpg
「ブルーシャトー」より目線を下に送ると画廊が見える。
色とりどりにライトアップされた空間には風景やイベントの写真が飾られていた。
IMG_6541.jpg
会場で一際目立っていた本部裏の樹木のライトアップ。
IMG_6539.jpg
「ドリームステージ」の鐘に長蛇の列ができていた。
記念撮影スポットでもある。
IMG_6552.jpg
アイスタワーの横には緑と赤のトンネル。
カップ麺ではない。
IMG_6542.jpg
会場で一番の行列ができていた「アイススライダー」。
懐かしの「米袋ソリ」で滑る。
もう少し若かったら滑ってたなぁ。
IMG_6563.jpg
IMG_6565.jpg
IMG_6570.jpg
ざっとではあるが、バーチャル氷濤まつりいかがだっただろうか。
閉幕直前に訪れたもんで、こうして記事にしている頃には閉幕に。
来年も同じ時期に開催されるので是非足を運んで欲しい。

来年初めて行くよという方にアドバイスという名の自分への備忘録。

・服装はかなり暖かい格好で。
下着にヒートテック上下、そしてダウンジャケット。
手袋に耳当てもあるといいだろう。
冬の撮影では標準装備だが、甘く見てると寒くて早く帰りたいと騒ぐ奴がいる。
読んでるか相棒、お前のことだぞ。
イラク特措法の時に比べれば暑いくらいだ。
手袋は必需品。
とにかく厚着で。

・三脚は無くてもいい。
一応装備していったが、ほとんど使う機会はなかった。
F4.5、露出-1、ISO400~800ほどで1/20程のシャッタースピード。
技量にもよるが手持ち撮影可能。
寒さでブレそうと心配な方は感度を上げるか開放で対応されたい。
あまり明るいレンズを使うと甘い写真になるからほどほどに。
低ISOでじっくり撮りたいが人混みのためほぼ不可能な状況。
花火の撮影があれば必需品。

・露出はマイナス方向へ
会場内、結構照明が強いので飛ぶがちになる。
-1くらいで撮って、あとで調節した方がいいだろう。
露出をマイナス方向に振ると、シャッタースピードも上がり撮りやすくなる。
ISOを上げたくないが、シャッタースピードを稼ぎたい時に使うデジカメ初期組の技である。
日常でも応用可能だが、最近は暗所ノイズ耐性が上がったので消えつつある技でもある。

・出発は早めに
会場付近混雑のため渋滞の発生が予想される。
早過ぎるほど出発は早めに。
今年は例年よりあり得ない程積雪が少なかったが、通常だとかなりの凍結路面が予想される。
安全運転で早めの行動を。

道の駅「くろまつない」ピザドゥ

Category : 未分類
IMG_3575.jpg
黒松内町にある道の駅「くろまつない toitvertⅡ(トワ・ヴェール ドゥ)」で食べられるピザが美味しいと聞き、昨年2度ほど訪れていたが記事にしていなかったので書かせていただく。
話しによれば、道の駅内で焼きたて熱々の本格的なピザが食べられるという。
黒松内町は札幌と函館のほぼ中間に位置する自然豊かな町。
天然記念物である「歌才ブナ林」などで有名な街だ。

ピザドゥでは黒松内町内にある「toitvert(トワ・ヴェール)」で製造された本格的なチーズやハム・ソーセージなどを使ったピザが食べられる。
本場ドイツで修行を積んだ職人が製造しているそうだ。
IMG_3687.jpg
注文したのは「ビスマルク」(写真上)と「ダンケ・シェーン」(後述)
ビスマルクはスモークされたブルスト(ソーセージ)にフレッシュモッツァレラチーズをたっぷりと使用、真ん中に半熟卵が乗ったボリュームのあるヘビー級なピザ。
味は見た目通り濃厚そのものだが、半熟卵とフレッシュモッツァレラチーズとの絡みは最高だ。
PB249024.jpg
ダンケシェーンはアスパラやトマトといった野菜に照り焼きチキン、そしてフレッシュモッツァレラチーズのピザ。
味は先ほどのビスマルクとは正反対なお上品なピザと言っていいだろう。
あっさりしているが、退屈な味ではなく、次から次へと食べられる。
IMG_3683.jpg
※クリックで拡大
Sサイズの提供は日によっては提供していないそうなのでご注意を。
下手な宅配ピザを食べるよりコストパフォーマンスは最高だ。
ただ1点注意されたいのが、道の駅正面駐車場の駐車線幅が少し狭く感じた点だ。
全幅1800mm以上の大型セダンだとちょっと乗り降りに気を使いそうだ。
道の駅にはパークゴルフ場も併設されているので、体を動かした後に美味しいピザとコーラなんてのもいいのかもしれない。

道の駅「くろまつない toitvertⅡ(トワ・ヴェール ドゥ)」
住所 北海道寿都郡黒松内町字白井川8番地10
電話 0136(71)2222
FAX 0136(71)2223
営業時間 9時から18時まで(11月~3月は17時まで) ※「ピザドゥ」10時から
※トイレは24時間利用できる。
休館日 夏季(4月~10月)無休 , 冬季(11月~3月)第2・第4火曜日
※祝日の場合は翌日が休館日となる。
アクセスカウンター
  • 使用機材一覧
  • 最新記事
    最新コメント
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    08  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 
    サイト内検索
    リンク
     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。