スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さっぽろ雪まつり 雪像編

Category : 未分類
前回に引き続き、手稲支局からの写真を。

P2094223.jpg
大通8丁目 雪のHTB広場
大雪像 「歌舞伎座」
平成22年5月より建替え工事に入っていた歌舞伎座が、平成25年春竣工する。
中村勘三郎、市川團十郎と相次ぐベテラン役者がこの世を去った歌舞伎界。
この新しい歌舞伎座の舞台に立つことができなかったのが悔やまれる。
期間中通常のライトアップとは別にスペシャルライティングが催される。
時間は次の通り①19:00~19:05 ②20:00~20:05 ③21:00~21:05に実施予定。
制作 HTB北海道テレビ放送・陸上自衛隊第11旅団第18普通科連隊及び第11戦車大隊、第11施設中隊、第11通信中隊

P2094243.jpg
大通2丁目 道新 氷の広場
大氷像「氷の国~白き翼のプリンセス~」
謎の魔法にかけられた氷の国のプリンセスを救うため、2丁目会場の来場者から勇者を募ります。プリンセスを救える唯一の手段である生命の樹を育ててもらうため、勇者には数々の謎に挑戦してもらいます。大氷像は氷の国のお城、周りには氷の国に住む生き物たちが並び、会場はリアルロールプレイングゲームの舞台と化します。(公式HPより)
同会場では、各種イベントが催されている。
・ヤマハエレクトーンオンステージ 10:00~20:30(1回30分程度 1日9回の予定)
・ホットカルピスサービス 15:30~16:00(1回約350杯分の予定)
・光と音のショー 17:30~21:35(1回5分程度 1日9回の予定)
写真は「光と音のショー」の様子。
写真後方は、大通3丁目HTB PARK AIR広場「白い恋人PARK AIRジャンプ台」
高さ24m、全長60m、最大斜度39°のジャンプ台で、スノーボードやフリースタイルスキーなどの大会・セッションが行われている。

P2094198.jpg
大通10丁目 UHBファミリーランド
大雪像「ちびまる子ちゃん in Hawai‘i」
今年10月のハワイアン航空の新千歳空港-ホノルル直行便就航を記念し制作された大雪像。
純白のダイヤモンドヘッドやワイキキビーチをバックにハワイ伝統のアウトリガーカヌーに乗っているのは、友蔵おじいちゃん、おねえちゃん、友達のたまちゃんだそうだ。
ハワイアンブースや、日清食品協賛の「どん兵衛」ブースをはじめとする飲食店多数のほか、子どもたちに人気のミニSLやすべり台などのアトラクションが用意されている。
またスペシャルハワイアン・ステージ フラショーも催される。
時間は①11:00~11:15 ②14:00~14:15 ③17:00~17:15の予定。

P2094226.jpg
ドイツの自動車メーカー「Audi」のブース。
同社「A4」の雪像だ。
こう言っちゃなんだけど、なんの面白みもない普通の雪像だな。
その雪像が……
P2094231.jpg
P2094234.jpg
プロジェクションマッピングにより、まるで本物の車のように。
ボディやホイールのツヤもそれぞれ違った光り方をしている。

P2094209.jpg
「ワイルドだろぉ~」でお馴染みのスギちゃんの市民雪像。
特徴的な前髪、ハードボイルドかつ優しい顔をワイルドに深くくり抜くことで表現している。
着色をしてはいけない祭りのルールを上手くクリアしながら、いかに濃い色を出すかという工夫が見られる。
全体の緑がかった色は、ライトによるもの。

P2094205.jpg
第40回国際雪像コンクール 
優秀賞 「The Artist From the Wild/ 自然からの芸術家」(タイ)
今年で17回目の参加となるタイ。
タイでは象を国の象徴としている。
大きな体の象だが、その体とは裏腹に特徴である大きな鼻は、絵筆を持って絵を書くことができるそうだ。
実際にタイ北部では見ることができるとのこと。
彫刻家3人による力作だ。

P2094195.jpg
今や日本をはじめ世界各国で愛されている「初音ミク」
札幌市に本社を置くソフト会社「クリプトン・フューチャー・メディア」が発売した、パソコン用音楽制作ソフトのキャラクター。
札幌市の公式キャラクターにもなっている。
祭り期間中には、路面電車も「雪ミク」仕様の車両が運行していることで有名だ。
P2094214.jpg
会場内には大手コンビニFamilyMartとコラボしたお店も。
各種限定品やポストカードを買い求める観光客で賑わっていた。
P2094218.jpg
開催期間中の天気は曇時々雪。
厚めのコートでしっかりと防寒対策をして、暖かいコーヒーでも飲みながら雪像廻りをしてみるのもいいのかもしれない。
第64回さっぽろ雪まつりは、明日11日まで。
(写真提供:S.K)
スポンサーサイト

さっぽろ雪まつり プロジェクションマッピング編

Category : 未分類
IMG_1088.jpg
第64回さっぽろ雪まつりが2月5日から札幌市内で開催されている。
今年で64回を数える同祭りだが、ここ数年来場者数は横ばい状態が続いていた。
そこで同祭り実行委員会では、新たな試みとして「プロジェクションマッピング」を取り入れた。
プロジェクションマッピングとは、プロジェクターを用いて映像やCGを立体物に投影し、あたかも投影された物体が発光しているかのように見せる映像技術だ。
近年での実施例では、東京駅丸の内駅舎でのプロジェクションマッピングが話題になった。
さらに最近ではテレビCMや新型車発表会、きゃりーぱみゅぱみゅ20歳記念ライブでの増上寺への投影など、幅広く用いられるようになった。
投影される映像は、何度も何度も綿密な調整を繰り返し作成されるそうだ。
ということで、当サイト手稲支局より写真が届いている。
P2094136.jpg
さっぽろ雪まつり大通5丁目東会場「環境ひろば」に制作された大雪像「豊平館」(ほうへいかん)。
札幌市中央区中島公園内に実際にある、国の重要文化財「豊平館」を忠実に雪像にしたものだ。
この雪像に映像が投影される。
P2094168.jpg
作品名「白クマの親子がつむぐ北の大地の物語」
開拓使のシンボルである北辰(北極星)をかたどった五稜星をメインモチーフに、昨年末­、円山動物園で白クマの双子が誕生したことにちなみ、白クマの親子のキャラクターが案­内役を務め、楽しく幻想的な世界観で雪像を彩ります。
(札幌市広報部より)
P2094170.jpg
建築物などへの投影とは違い、「融雪」という課題があった今回のプロジェクションマッピング。
期間中、毎晩調整作業をしなければならなかったとのことだ。
このプロジェクションマッピング、残念ながら今日明日の投影は保安上の理由により中止となったそうだ。
予想を上回る混雑で、想定していた警備体制では対応困難とのこと。
東京駅での実施の際も同様の理由により中止となっている。
これを楽しみに、本州はもとより海外から足を運んできた方も多いだろう。
来年の課題として、より大きな会場での実施を望む。
中止となってしまったが、札幌市広報部公式YouTubeアカウントより、動画がアップロードされているので、雰囲気だけでも楽しんでいただけたら幸いだ。
新しい試み、課題はたくさんあるだろうが今後も期待したいイベントだ。

10年連続発行ゼロ

Category : 未分類
そう、こいつだ。
IMG_1074.jpg
日本銀行券二千円紙幣だ。
平成12年の沖縄サミットと2000年をきっかけに、当時の内閣総理大臣故小渕恵三氏が発案、森内閣時代に発行された紙幣。
ちなみに記念紙幣ではなく、今でも一応「発行中」という扱いだが、10年連続発行数ゼロという代物。
お金の仕事をしてても、なかなかお目にかかれない紙幣だが、こいつが厄介なんだ。
まじ嫌がらせといってもいい。
ごくごく極希に混じってるもんだから、再勘の時に紛れてるというね。
紙幣のサイズはもちろん違っているんだけど、なぜか紛れ込むんだよ。
しかも急いでる時に限ってこいつが出てきたしね。
誰だよ間違った奴。
おかげで最初から数え直しになったじゃねーか。
まぁいい。

さてお釣りとして我が財布にやってきたわけだが、使いにくいから早々に放出したいと思っている。
いやこの際保存しておこうか。
この二千円紙幣、あまりにも普及せず今でも日銀の金庫に不良在庫の如くあるそうだ。
放出されても困るからずっと眠っててください。
発行当時は感動したものだけどな。
今では普通になった偽造防止技術が真っ先に使われた紙幣が二千円紙幣だった。
年一くらいの遭遇率の二千円紙幣。
次はいつお目にかかれるだろうか。


本文中に掲載の紙幣画像は、保安上の理由により解像度を落とし、尚且つ朱色にて偽造防止用編集を施しております。

子どもやペットの上手い撮り方

Category : 未分類
IMG_01001.jpg
機種 : Canon EOS 60D
露出時間 : 1/250秒
レンズF値 : F5.6
ISO感度 : 400
EF-S15-85mm f/3.5-5.6 IS USM
430EXⅡスピードライト


「子どもやペットの上手い撮り方」
ありがちな失敗例は、被写体にフラッシュを直射して撮ろうとする人。
これは絶対やっちゃいけない。
赤ちゃんだと視力の低下に繋がったりするし、何よりも今後カメラを向けられた時に逃げてしまう。
ペットも同じだ。

・コンパクトデジカメで撮影する場合は必ず「ストロボ発光禁止」に。
コンパクトデジカメの場合、明るめのレンズが搭載されているから、なるべくズームせずカメラごと被写体に近づくといいだろう。
それでも少しザラついた写真になってしまうと思うが、そこは妥協してほしい。

・次に一眼レフの場合。
明るい単焦点レンズを使うか、外部ストロボを購入してください。
オススメは後者の外部ストロボ。
「お前フラッシュ炊くなって13行上に書いたじゃねーか」とお思いのあなた。
フラッシュは直射する以外にも使い方があるのです。
外部ストロボは、首振り機能がついていて(中級機種以上)天井に向けて照射することができる。
この手法を「バウンス撮影」という。これがかなり捗るのだよ。
生憎モデルを雇うお金がないんで、「ねんどろいど赤座あかり」で参考例を。
IMG_1046.jpg
適当に撮ったから申し訳ないんだけど、違いがわかるだろうか。
バウンスだと、不自然なテカリや影が無く、自然な感じの写真になる。
真上からの反射だから、極端に凹んでいるところは暗くなってしまうが、その対処法は物撮り講座じゃないんで割愛させていただく。
一眼レフをお持ちでお子さんやペットを撮る方、そしてオークションに出品する方などオススメです。

・一眼レフユーザーでありがちな失敗例
明るさを稼ぐためや背景をボカしたいがために、必要以上に絞りを開放してしまい、肝心なところがピンぼけの写真になってしまう。
絞り(F値)を開放すると「被写界深度」という「ピントの合う範囲」が狭くなる。
ペットや子供の顔だったり、料理のメインがピンぼけという残念なことになっているのを結構見る。
ピントの合う範囲を理解し、適切な絞りを選択することが大切だ。光量なんて後で補える。(後述)
IMG_72911.jpg
(画像クリックで拡大)
機種 : Canon EOS 60D
露出時間 : 1/320秒
レンズF値 : F8.0
ISO感度 : 100
EF-S55-250mm f/4-5.6 IS II

アスファルトを見ていただきたい。
上手くいけば、こんな気持ち悪い写真も撮ることができるだろう。

光量を稼ぎたくて「露出を+側」へ設定して撮影する人。
明るくはなるが、シャッタースピードが落ちてブレブレの写真を量産していませんか。
そんな時は「露出を-側」へ設定してみてください。
どうです、シャッタースピード上がってませんか。
ブレブレの写真を撮るより、止まっている少し暗い写真のほうが数十倍良い。
ブレとピントを外すは写真の価値をゼロにする。
一つ覚えておくといいのが、「デジタルは暗い写真は後補正が効く」こと。
デジタルの場合暗い写真は明るくできるけど、明るすぎる写真は取り返せない。
銀塩だと逆なんでお間違えの無いように。
まぁ今の時代は暗所ノイズ低減技術が進んでいるから、黙ってISO感度あげて撮ったほうが楽ですよ。

よく聞かれるのが「撮影画像形式はRAWだよね?」って質問。
RAWという形式で撮ったほうが、後々弄るには良いけど「撮った写真全部ちまちま現像してんの?」と聞くと、大抵は「NO」と答える。
確かに編集の幅は広がるが、容量は大きいし、膨大な量の写真を現像する暇もないし、何より速報性がないので、俺は専らjpeg撮りしかしない。
暇な人やすごい拘る人はRAWで撮ってください。
これぞ!って時にRAWに切り替えるのが一番いいと思いますよ。
RAW+jpegで撮って無駄に容量喰うなら、jpegで枚数重ねて腕を磨いたほうがいい。
ちなみにプロの世界では商業はRAW、報道はjpegです。速報性の違いだね。

IMG_1002.jpg

まとめ
・フラッシュは直接当てない
・カメラ・レンズの特性知ろう
・枚数を重ねて練習あるのみ

使ってる機材は、ページ右上「使用機材一覧」にまとめています。購入もできるんでよかったらどうぞ。
何か質問・意見があれば奮ってご投稿ください。

北海道で震度5強の地震

Category : 未分類
IMG_0964.jpg
IMG_0956.jpg
2月2日23時17分頃、北海道十勝地方中部を震源とする最大震度5強の地震が発生した。
この地震による津波の心配は無い。
震源は十勝地方中部(N42.7/E143.3)地震の規模M6.4、震源の深さ120km。
余震に注意されたし。

<修正>
M6.4→M6.5
120km→108km
(3日1時 気象庁発表)


「さてAVAでもやるかー」とゲームを起動させていた最中に、携帯から「ギュインギュインギュイン」という聞きなれない音とバイブレーションが。
IMG_0951_20130203000135.jpg
この携帯に換えてから初めての受信となる「緊急地震速報」だった。
携帯が鳴り、その直後に初期微動が到達し、部屋のドアを開け退路を確保した瞬間に主要動が到達した。
もう少し速く緊急地震速報が受信できるのであれば、心の準備ができるかもしれないが、今回のタイミングだと退路を確保し家族に周知するくらいが限界だった。
それでも無いよりはマシなのは確かだ。
最近全国的に地震が多い。
何事もないことを祈る。
アクセスカウンター
  • 使用機材一覧
  • 最新記事
    最新コメント
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    08  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 
    サイト内検索
    リンク
     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。