スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

巡視艇「りゅうせい」放水展示

Category : 未分類
25日白老町で行われた「2013 元気まちしらおい港まつり」に行ってきた。
お目当ては室蘭海上保安部所属 巡視艇「りゅうせい」による放水展示だ。
IMG_8019.jpg
室蘭海上保安部に今年2月に配備になった新造巡視艇「りゅうせい」(125㌧)
35メートル型巡視艇「よど」型の6番船で、旧「りゅうせい」(55㌧)から大幅に大型化し速力も14ノットから25ノットに高速化。
従来の消防艇という専門業務船から、消防機能強化巡視艇になり業務の効率化を実現した巡視艇だ。
IMG_8022.jpg
12時からの展示に合わせ、11時30分に現場入り。
りゅうせいは既に岸壁を離れ、港口付近で待機していた。
両舷に備え付けられた「停止命令等表示装置」には、「祝!2012元気まちしらおい港まつり 室蘭海上保安部」と表示されていた。
LED電光掲示板だけあって、離れていても視認性は抜群だった。
IMG_8044.jpg
12時、会場のアナウンスと共に放水開始。
4基の放水銃より毎分16,800リットルの海水が放水される。
IMG_8043.jpg
マスト上部の2基の放水銃は海上から17mの位置まで伸ばされていた。
その後は定番の着色放水に。
IMG_8051.jpg
IMG_8061.jpg
IMG_8074.jpg
IMG_8092.jpg
IMG_8095.jpg
本来の目的で使われないのが一番だ。
いいものを見せてもらった。
IMG_8108.jpg
放水展示直後に雨雲が会場上空に到達。
ちょっとしたゲリラ豪雨になったので、陸自90式戦車を撮って早々に引き上げた。
10式戦車が見たいです。
スポンサーサイト

今年の夏は

Category : 未分類
8月14日は積丹方面へ行ってきた。
IMG_7226.jpg
神威岬にて。
前回行ったときは遊歩道が工事中で、ここまで来れなかったんだよ。
晴れていればもっと綺麗だが、晴れていたらここまで来なかっただろう。
理由はこれだ。
IMG_7279.jpg
IMG_7192.jpg
万里の長城かのように続く道。
遥か彼方に見える白と黒の灯台のもう少し行ったところが、トップの写真の場所だ。
普通に歩いて20分ほどかかっただろうか。
道中はアップダウンが激しく、また未舗装道が続く細道。
駐車場にいたバスガイドがこう言っていた。

「私はここにいるので、無理せず行けるところまで行ってきてください」

お前も行ってやれよ。
初老のおじ様おば様方が列をなしてゼーハーゼーハー言いながら岬に向かって行ったのであった。
スポーツドリンク片手に行ったほうがいいですよ。
夏の炎天下の下では、それなりの覚悟を。

IMG_7290.jpg
昼食は旬のウニを丼で。
神威岬を出て、岩内方面へ少し行ったところにある「お食事処さわ」にて、8月31日までの限定メニュー「積丹スペシャルウニ丼」(1日20食限定・2000円)
「積丹スペシャルウニ丼」とはなんぞや?という方に説明すると、じゃらん誌上企画でいくつかのルールを設けて積丹の各店が限定提供するメニューのことだ。
ルールは次の通り。
・ウニは70g以上使うこと
2000円以下で提供すること
6月20日~8月31日までの期間限定
・できるだけ北海道米をつかうこと

IMG_7284.jpg
「お食事処さわ」の積丹スペシャルウニ丼はこんな感じ。
ウニ丼(ウニ80g、ゆめぴりかとななつぼしブレンド)、マグロ刺身、いくら醤油漬け、味噌汁、漬物。
この内容で2000円は安いのではないか。
ちなみに通常メニューのウニ丼は2200円だ。
ウニだけを味わうのも良し、イクラとマグロを乗せて三色丼にするのも良し。
2013年8月31日までの期間限定で、1日限定20食だ。
メニューには書いていないので、注意されたい。

昼食を済ませ、一路小樽方面へ。
途中蘭越町、岩内市で休憩やら買い物をして、小樽へ。
小樽でも買い物をしまして、おみやげを買い込んだのであった。
時間は15時過ぎ。
このまま帰るにはちと早いってことで、天狗山へ。
IMG_7357.jpg
ロープウェイに揺られ山頂に到着。
天狗山には久しぶりに来たが、なかなかの見晴らしだった。
小樽港外には航海訓練所の帆船が錨泊中だった。
IMG_7298.jpg
IMG_7322.jpg
IMG_7299.jpg
天狗山にある「シマリス公園」にて。
檻の中に入れて、手渡しで餌を与えることができる。
肉球が柔らかくて可愛かった。

15日は室蘭周辺でぶらぶらと。
IMG_7462.jpg
IMG_7481.jpg
色々思い入れのあるアングルだ。

最終日18日は千歳へ。
散々天候調査で揉めて、やっとこ出発したのが12時30分。
この日は大気が不安定で、急にスコールが降ったりする日だった。
そんな日こそ、外で写真を撮ろう。(自己責任です)
IMG_7735.jpg
IMG_7808.jpg
IMG_7730.jpg
猛烈な雨が降る中ランディングする民航各機。
濡れた機体にアプローチライトが反射する。

19日の夜は洞爺へ。
ロングラン花火大会をもう一度納めようと。
もう一度?そう、15日にも行っているのです。
相棒が三脚を忘れたのでリベンジに。
IMG_7907.jpg
IMG_7926.jpg
IMG_7955.jpg
IMG_7965.jpg

全体的に急ぎ足になったのには理由がある。
後が詰まってきて焦っているからだ。
レビューがひとつに、イベントがひとつ、そして週末にイベントがひとつと。
早々に片付けておかないと、1ヶ月遅れくらいになってしまうからだ。
現に連休中の写真をまだ円盤触媒に保存していない。
イベントの記事を書き、12GBのデータを保存してからレビュー用の物撮りをして、週末にイベントへ。
そんな感じだ。
だんだん秋風になってはきたが、まだまだ暑い日が続いている。
最後まで油断せずに、短い夏を乗り切ることにする。
IMG_7987.jpg

スピードライトのすゝめ

Category : 未分類
一眼レフというものはすごいもので、撮影した写真の約9割が使える写真という、嬉しいんだか迷惑なんだかわからない状況なのです。
一昔前ならピントが外れたり、ブレてたりで使える写真が圧倒的に少なく、すぐ選定できたものが今では大変な作業に。
「数撃ちゃ当たる」という言葉がありますが、数撃っただけ負担が増えるという。
ちょっとはピント外してくれと思ってしまうほど。
外れたら困るけどさ。
時代の流れとは恐ろしいものだ。
只今この連休中に撮ってきた1500枚超の写真の中から、ここに使う数枚を鋭意選定中です。
もうしばらくお待ちを。

8月上旬、洞爺湖でひまわりが満開を迎えているということで撮影に。
この記事を書いている頃には、もう花は終わってしまっているけれど。
IMG_4219.jpg
この日は30度近くまで気温が上昇し、死にそうになった。
IMG_4134.jpg
IMG_4207.jpg
去年は引きの絵ばっかりだったので、今回は寄りの絵ばっかり。
この日は青空が綺麗だった。
IMG_4147.jpg
ポストカード用に使えるものをとの依頼を受け、空を多めに入れる構図に。
洞爺湖畔のひまわり畑の見頃は、毎年8月上旬頃。
昭和新山から湖畔に降りて行くと、道路脇にひまわり畑が広がっているのですぐわかるかと。
ただ路上駐車が多いので、安全なところに車を止めてからの鑑賞を。

撮影はすべてスピードライトを使った「日中シンクロ」撮影。
人物のポートレートなどで逆光を打ち消すためや、意図的に雪や雨粒を写す時に使う技法だが、こうやって草花でも有効だ。
暗いところでの撮影や料理、物撮りにも使えるスピードライト。
一眼レフを買うと性能の良いレンズも欲しくなるが、スピードライトをひとつ持っておくといいだろう。
スピードライトの選び方は、予算が許す限り性能に余裕のある上位機種を。
最低限バウンスができる(首振り機能がついた)ものを。
下記のようなスピードライトがおすすめだ。

2013千歳基地航空祭 2

Category : 未分類
前回は飛行展示中心だったので、今度は地上展示機中心に。

IMG_5769.jpg
今年は救難機の展示が多くて、救難機好きとしては嬉しかった。
U125救難捜索機4機、UH-60J捜索救難ヘリコプター5機の展示だった。
IMG_5767.jpg
5機のUH-60Jのうち3機は給油ブーム付き。
沖縄県で先日墜落した米軍のHH-60とほぼ同じ仕様だ。
IMG_0307.jpg
UH-60Jに空中給油することができる、KC-130H輸送機。
イラクにも派遣された輸送機で、空中給油用のポッドが追加装備された。
IMG_0302.jpg
T-34A初等練習機。
1982年に全機退役した機種だ。
IMG_0334_20130807151826bbd.jpg
エンジン搭載展示のため、エンジンが降ろされているF15。
前線で短時間にエンジンを交換するために、このように機体側は簡単な作りになっている。
エンジン搭載にかかる時間は、約1時間。
IMG_4416.jpg
子供を対象にF15と綱引きをするイベントが行われていた。
機体重量は12,973kg。
去年はセンターパイロンに増槽タンクが取り付けられていたが、今年は主翼のパイロンのみのクリーン状態。
IMG_6810.jpg
基地内にて起きた、スカイラインとノアによる追突事故現場に向かう警務隊のプリメーラと千歳署交通課。
追突されたノアはリアゲートが思いっきり凹んでいたが、スカイラインは無傷だった。
ノアの運転手は警察に2時間待たされていた怒りをぶつけていた。
基地の外に出るのに2時間かかるのに、すぐ来いっていくらなんでも無茶だ。
IMG_6819.jpg
基地内の隅に置かれていたT-33A。
老兵は死なずただ消え去るのみ。


今回は朝の4時45分に家を出て、開門と同時に入場し「いつもの場所」を確保した。
航空祭にはショーセンターと呼ばれる、飛行展示をする際にそこを中心に演技が行われる。
どこがショーセンターなのかは、長年通って自分で見つけてください。
航空祭の楽しみ方としては、朝早く行って場所を確保する。
そして人があまりいないうちに、地上展示機を撮影する。
あとは飛行展示を集中して見る。

航空祭は多少だがトラブルがつきものだ。
ブルーインパルスが始まる頃になると、最前列の方に割り込んでくる奴らが多いが、そこまでして前で見たいなら朝早く来て走って場所をとれよと言いたい。
こっちは苦労してんのに、あとから来ていい所で見たいなんて戯言はよしてくれ。
大人一人できているカメラマンでも、小さな椅子で場所をとって見て回っている。
それなのにいい大人が割り込んで他人の荷物を踏むようなことを平気でするんだから笑えてくるよな。
ニコン使いがより嫌いになった。
子供なら大目に見て前に入れてやるけど、親は礼の一つくらい言って帰れよ。
人の足を踏んだり、他人の荷物を踏んで撮影の邪魔をしてるのに当たり前かのような顔して去っていく親。
子供はあんたらの姿を見てるんだよ。
しっかりしろ。
飛んでしまえば空なんだから、後ろからでも見れるんだよ。
それでも前で見たけりゃ苦労しろ。

10時くらいにシャトルバスで見に行く、なんて甘っちょろいこと考えてる奴は、ネットの中継でも見てたほうがいいだろう。
10時の時点で7キロの渋滞、入場まで2時間待ちだった。
朝は早く、帰りは焦らずにゆっくりが航空祭の行動の基本だ。
今年は基地内で追突事故を起こした奴のおかげで、いつも以上に帰りの渋滞がひどかった。
必需品はスポーツドリンクと日焼け止め。
男なんだから日焼け止めなんて要らねーよなんて思ってると大変なことになる。
水分補給と日光対策は万全にしないと、真面目に倒れる。
楽しさは大幅に失われるが、格納庫から見るというのもひとつの手ではある。

以上をふまえ、航空祭をお楽しみください。

2013千歳基地航空祭 1

Category : 未分類
20130804001.jpg
先日4日、千歳市にある航空自衛隊千歳基地で航空祭が行われた。
地元第2航空団や千歳救難隊、特別航空輸送隊の展示飛行のほか、曲技飛行チーム「ブルーインパルス」のアクロバット飛行展示が行われ、訪れた家族連れなどを魅了した。
来場者数は、ドラマ「空飛ぶ広報室」効果もあってか約10万1000人(主催者発表)と多め。
当日は晴天に恵まれ、絶好の航空祭日和。
青い空に描かれる白いスモークに観客らは目を奪われていた。

IMG_4537.jpg
救難展示は千歳救難隊所属のU125救難捜索機のローパスでスタート。
サバイバーを機首の捜索用赤外線カメラと大型窓を使用し捜索。
IMG_4652.jpg
U125からサバイバーの位置の報告を受けた千歳救難隊所属UH-60Jにより吊り上げ救助。
IMG_4710.jpg
IMG_4720.jpg
コンバット・サーチ・アンド・レスキューのプロ、そして救難最後の砦として日々訓練に励んでいる。
IMG_4783.jpg
大編隊ローパスに向けてタキシングする千歳基地201・203両飛行隊のF-15J/DJ。
12機ものF-15がタキシングする光景は圧倒だった。
IMG_4816.jpg
F-15、U-125、B747-400政府専用機による混合飛行展示。
千歳基地を代表する3機種が揃った。
IMG_4875.jpg
混合飛行展示の後、ビジュアルアプローチで降りる政府専用機。
民航機ではなかなか見られない距離でサークリングアプローチを開始し滑走路に滑り込んだ。
IMG_49014.jpg
模擬対地攻撃&模擬対空射撃でも一コマ。
すごい数の20mm弾の薬莢に目が行くが、後方に注目してほしい。
路上駐車と人だかり。
IMG_4983.jpg
機動飛行のためエンジンスタートしグランドにリクエスト中の201飛行隊F-15J。
IMG_5072.jpg
R/W18Rに向けタキシーアウト。
機首にはシスター・スコードロン締結記念塗装が。
IMG_4994.jpg
IMG_5000.jpg
先ほど離陸していた12機のF-15による大編隊展示。
近年では珍しい12機による大編隊は見応えがあった。
IMG_5126.jpg
機動飛行の1科目目アフターバーナーを炊いて離陸するF-15J。
年に一度は腹の底から響くアフターバーナーの音を聞きたい。
IMG_5166.jpg
IMG_5201.jpg
IMG_5240.jpg
IMG_5343.jpg
IMG_5438.jpg
IMG_5446.jpg
IMG_5501.jpg
IMG_5505.jpg
IMG_5508_20130807115439447.jpg
晴れてはいたが、雲のため垂直系科目をキャンセルし水平系機動を披露した。
IMG_5613.jpg
スピードブレーキを展開し着陸。
5度の機首上げし、速度を殺す。
IMG_5686.jpg
IMG_5695.jpg
先ほどの12機が続々とランディング。
流し撮りの練習。
IMG_5910.jpg
航空祭の目玉「ブルーインパルス」
この日は第1区分でのスタートミッションだったが、進路上の雲の影響で第3区分に。
IMG_5976_201308071155277c0.jpg
IMG_6072.jpg
IMG_6145.jpg
IMG_6258.jpg
IMG_6287.jpg
掲載した画像には写ってはいないが、遥か洋上でホールドする複数の民航機が写っていた。
ブルーインパルスが飛行する間は、空港・基地上空が完全にクリアな状態になる。
そのため民航機は1時間ほど洋上で旋回待機を強いられる。
IMG_6318.jpg
IMG_6369.jpg
2011年3月11日たまたま九州へ展開していたため津波の被害を逃れることができたブルーインパルス。
あの日いつものように松島基地にいたならば、もう二度とブルーインパルスを見ることはできなかっただろう。
IMG_6630.jpg
航空祭全日程を終了し、各機が帰投する。
政府専用機も専用ハンガーへトーイングされるが、プッシュバック中コクピットから手を振るPF(機長)と着陸灯をパッシングさせるPNF(副機長)
IMG_6730.jpg
帰投のためエンジンスタートする三沢基地所属のF-2A。
輪止め外せのハンドサインを送っている。
IMG_6757.jpg
R/W18Rに向けタキシーアウトするF2。
洋上塗装が美しい。
IMG_6794.jpg

『バルス!』再び世界一に

Category : 未分類
無題
8月2日21時より日本テレビ系にて放送された映画「天空の城ラピュタ」(1986年 宮崎駿監督)で世界記録が樹立された。
同作品中の名シーン、「主人公“パズー”とヒロイン“シータ”が古くから伝わる滅びの言葉『バルス』を唱えた瞬間」である午後11時21分50秒に短文投稿サイト「Twitter」に投稿された1秒あたりのツイート数が14万3199ツイートと、これまでの最高記録である「2013年元旦あけおめツイート」の3万3388ツイート/秒を大きく上回る投稿数を記録した。
同作品が世界記録になるのは2度目で、前回放送時の2011年12月には2万5088ツイート/秒を記録したが、「あけおめツイート」にトップの座を奪われた。
そして今回再び世界一に輝くかどうか注目が集まっていた。

同作品が放送されるたびに話題になる「バルス」という滅びの呪文。
ネット上では「バルス」という言葉を同時に投稿しようという動きが活発に起き、毎回サーバーダウン騒ぎにもなるほどの人気ぶり。
今回もサーバーダウンが心配されたが、大型掲示板サイトを除き若干の負荷はあったもののサーバーダウンには至らなかった。
サーバーをも滅ぼす呪文も、今回ばかりは通用しなかったようだ。

14万超という天空に聳える城のように高い記録となったが、いつ記録が塗り替えられるかわからない。
その時もまたリベンジを果たしてくれるだろう。
「ラピュタは滅びんよ、何度でも甦るさ」




ちなみに、このお祭り騒ぎに参加しようと横になって見ていたが、5分ほどして寝てしまった。
昨日は暑い中あちこち這いずりまわっていたから疲れていたんだろう。
どこに行っていたかは、来週中にでも。
明日は朝3時起きで千歳へ。
海霧とシーリングを心配しながら、明日の準備をしているところだ。
舐めてかかると死ぬので、入念に。
アクセスカウンター
  • 使用機材一覧
  • 最新記事
    最新コメント
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    08  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 
    サイト内検索
    リンク
     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。