スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年 総決算

Category : 未分類
お久しぶりです。
お元気してましたでしょうか。
今年も残すところあと少し。
今年のうちにやらねばならないこと、やり残したことありませんか。
今年の汚れ、今年のうちにですよ。
毎年言ってると思うけど、パソコンを使う人、特にFPSプレイヤーは「マウスとキーボード」を念入りに掃除した方がいい。
キーボードはトイレより雑菌が付いているそうだ。
半年に1回は、キートップを引きぬいてスイッチ周りも綺麗にしよう。


今年を振り返ってみるか。

→続きを読む

スポンサーサイト

年賀状は「筆ぐるめ」で

Category : 未分類
12月に入り世の中では「師走」で大忙しな方が多いのではないでしょうか。
年末進行っていうのは嫌なものだね。
そんな中この季節がやってきた。
IMG_0569.jpg
日本の古き良き文化「年賀状」
今ではメールやSNSでの年始挨拶が増えてきて、年賀状を贈るという人が減ってきてはいるが、いつまでも残しておきたい文化の一つであろう。

ところで年賀状作成はどのようにしていますか。
「印刷所に頼む」「手描きに決まってんだろ」「年賀状作成ソフトで作る」…。
うちでは例年年賀状作成ソフトで作成してるんだが、昨年まで使っていたパソコンがお亡くなりになられ、新しいパソコンに移行した。
ところが新しいパソコンには年賀状作成ソフトが入っていなかった。
しっかりした年賀状作成ソフトなんて初めて購入した。
IMG_0617.jpg
「筆ぐるめ21」(富士ソフト)
年賀状作成ソフトで一番使いやすいと言っても過言ではないほど使いやすいのが「筆ぐるめ」だ。
もうね、筆ぐるめに慣れたら他のなんて使えませんよ。
よく書店なんか売られている、デザイン集と一緒にソフトが付いてるものがあるが、操作性が悪すぎて使い物にならなかった。
20131208001.jpg
なんといってもこの直感的でわかりやすい画面配置。
レイアウト、背景、イラスト、文章
入れたいもののタブをクリックして選択肢から選ぶだけ。
もちろんこだわりたいという人向けには、外部のファイルを読み込むことも可能だ。
20131208002.jpg
よく安いソフトでは、住所録は別売りですとかいうのがあるが、筆ぐるめは住所録機能ももちろん入っている。
入力したデータを右側で即プレビューできるのが素晴らしい。
他のソフトで作成した住所録も読み込むことが可能で、面倒な住所録の再登録作業の心配もない。

年賀状ソフトなにが嫌って「年次改良で大きく操作性が変わる」というソフトが多いこと。
どんなソフトやサイトでも言えることだが、新しいものを実装するのはいいが、以前の良かったところを犠牲にするのはユーザーは望んでいない。
とあるサイトの中の人は、昔のものを切り捨てて新しいものを開発することに注力することが大切という。
確かにより使いやすいものを開発するのは結構なことだ。
しかし良かったところを犠牲にするのはいかがなものか。
良い所は十年一日の如く続けていても誰も損はしないだろう。
筆ぐるめ、年々バージョンアップしていますが主な操作性は一切替わっておりません。
5年以上前に使っていた筆ぐるめでも、今回購入した筆ぐるめでも操作性は一緒です。
取説なんて一度も読まずとも、以前と同じようにやりたいことが実現できる。
素晴らしいことだと思いませんか。

じゃあ何も進化してないのに年次改良とか言って新しいの出してんの?と言われるかもしれませんが、中身と動きが進歩している。
年賀状ソフトで結構重要な「素材」と「フォント」がものすごい量収録されている。
筆ぐるめ21では、素材が27,520点、フォントが142書体収録。
たった1枚の年賀状にそんなに要らねーだろとお思いだが、大は小を兼ねる。
少ない中から妥協して選ぶのと、多い中から厳選して選ぶのとでは全く違ってくる。
安い年賀状ソフトでは「その年の干支しか収録されていない」が、筆ぐるめ21では「十二支すべてに対応」のほか、喪中はがき・暑中見舞い・ポストカードなどなど1年を通して使用することができる。

一度いいものを購入しておけば、何年も使うことができる。
アップグレード版を購入することで、新しい技術を安価で導入できるしな。
「安物買いの銭失い」より「少し高くても良い物を」です。
年賀状ソフトは「筆ぐるめ」を。



例年のこの時期では、数種類の見本ができて色校あたりだが、今年はまだプロットすら出来てない。
いつもは5種類くらい作ってから選んでもらっているんだが、今年は何も思いつかない。
もちろんソフトには完成されたデザインも数多く収録されているが、個人的に絶対使いたくない。
「あら、〇〇さん家出来合いのデザインだわぁ」とか思われたくないからだ。
誰も思っていないだろうがね。
年賀状の投函期限は12月25日まで。
今週末までに数種類作って、来週中頃に印刷を終わらせて納めたいところだが、今年は落とすかもしれない。
深夜テンションで作ると割といいのが思いつくんだけどね。
家族用のを作ってから自分用の制作を開始するわけで。
年末進行に追い打ちを掛けるわけだ。
ここが踏ん張りどころです。
アクセスカウンター
  • 使用機材一覧
  • 最新記事
    最新コメント
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    08  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 
    サイト内検索
    リンク
     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。