スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寝台特急「北斗星」ラストラン

Category : 未分類
IMG_8995.jpg
1988年3月の青函トンネル開通とともに運行されてきた寝台特急「北斗星」。
ブルートレインの代名詞として人々に愛され続け「上野発の夜行列車」や「空色の汽車」として歌われたこともあったが、今年3月定期運行が終了し臨時運行として4月以降も運行してきた北斗星が、今日22日札幌発上野行上り列車をもって約27年の幕を閉じる。
沿線には道内外から駆けつけた鉄道ファンをはじめ、引退の知らせを聞きつけた市民らが北斗星の通過を見守った。
IMG_8991.jpg
17時45分頃、夕陽を浴びながら定刻通り姿を現した北斗星は、力強いディーゼルサウンドを轟かせながら、沿線の見送りに答えるように高く澄み透るような汽笛を一声し別れを告げた。
IMG_9003_20150822214117310.jpg
乗員乗客らも列車内から手を振るなど、見送りに答えていた。
列車窓には、ファンらが作った「ありがとう北斗星」などと書かれたイラストボードや写真が掲げられていた。
北斗星は明日23日午前9時25分上野駅に到着し、半世紀の歴史に幕を下ろす。
IMG_9016.jpg
本州と北海道を結ぶ寝台特急として残っている急行「はまなす」、臨時特急「カシオペア」は少なくとも2月まで運行される。
3月の北海道新幹線開通をもって引退となる見通しだ。
最後のブルートレイン「はまなす」と最後の上野行寝台特急「カシオペア」、いよいよラストスパートだ。
IMG_9031.jpg
スポンサーサイト

火災の「さんふらわあ だいせつ」室蘭入港

Category : 未分類
IMG_8629.jpg
先月31日午後5時15分頃苫小牧沖約55キロの地点で発生し死者1名を出した商船三井フェリー「さんふらわあ だいせつ」(乗員乗客94名)の火災は約11日間燃え続け、今月9日消火作業のため曳航された函館湾で鎮火が確認された。
同11日室蘭港へ曳航が開始され、本日早朝タグボートや海保消防艇に付き添われながら濃霧の室蘭港港口に姿を現した。
右舷側船体後方には、火災による熱の影響で塗装が剥がれ落ち旧九越フェリー塗装が顔を出す痛々しい傷跡が。
「さんふらわあ だいせつ」は旧東日本フェリー「にゅーれいんぼう らぶ」として室蘭-直江津-博多航路に就航した後、現在は商船三井フェリーへ移籍「さんふらわあ だいせつ」として苫小牧-大洗航路に就航している。
室蘭港は母港の一つとってもいい程「だいせつ」にとっては馴染み深い港だが、こんな形で凱旋になるとは誰が予想しただろうか。
港内をゆっくりとした速度で曳かれた「だいせつ」は、西第3埠頭沖にて転回。転回作業中タグボート「はやて」の推進器にロープが絡まるというアクシデントがあったものの、午前8時45分フェリー埠頭第4バースに災発生後、初めての着岸となった。
埠頭には多くの報道陣や市民が押し寄せ物々しい雰囲気に。
10時頃、クレーン車に吊られたゴンドラで海保職員をフェリーに移乗させる作業が行われた。
同日午後から運輸安全委員会、第一管区海上保安本部などにより業務上過失致死などの疑いで現場検証が行われる。
現場検証は少なくとも1週間かかる見通しで、本格的な原因究明が待たれる。
船体の修理または廃船の判断もまだ決まっておらず、修理の場合は再度函館港に回航されるそうだ。
船内の車両は早ければ17日にも搬出する方針。

詳報は続きから

→続きを読む

アクセスカウンター
  • 使用機材一覧
  • 最新記事
    最新コメント
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    08  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 
    サイト内検索
    リンク
     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。