スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はやぶさ

Category : 未分類
6月14日、まずはこの話題から。


小惑星探査機「はやぶさ」7年ぶりに地球に帰還

朝のニュースなどで目にした方もいるのではないか。

小惑星イトカワを探査するためにJAXA(宇宙航空研究開発機構)が2003年5月9日に打ち上げた物。

それが7年の年月を経経て、地球へと帰って来たのだ。

数々のアクシデントに見舞われても、日本人の魂の結晶とも言えるほど作りこまれた「はやぶさ」は、困難を乗り越え、昨日13日22時51分大気圏へ再突入し地球へと帰還した。

大気圏再突入直前には「奇跡の1枚」と言っても過言ではない写真の撮影に成功した。

115016426.jpg
(画像=JAXAより)

小惑星「イトカワ」を撮影したのち、カメラの電源を切っていて、再起動するかわからないと言われていたが、「はやぶさ」は期待に応え、渾身のラストショットを撮影した。

画像下部は、残念ながらデータの送信が間に合わず中途半端な画像になってしまったが、地球が写っている事自体が奇跡に近い事なんだとか。

はやぶさ最期の1枚を撮影した30分後、大気圏に再突入し、小惑星「イトカワ」にて採取した物が入ったカプセルを発射、「はやぶさ」は燃え尽きた。

201006140001.jpg
(NASA撮影映像よりキャプチャ)

大気圏再突入時にNASA(米国航空宇宙局)が捕えた「はやぶさ」。

「はやぶさ」が「火の鳥」になった瞬間である。

燃え尽きても「不死の火の鳥」として地球に帰って来た「はやぶさ」。

画像中央下部に見える光源は、発射したカプセルでこの後オーストラリア・ウーメラ砂漠に無事降下した。

カプセルは無事回収され、近いうちに日本へ空輸されるそうだ。

日本の技術はすごいね。

最初で最期の「はじめてのおつかい」

「はやぶさ」おかえりなさい。


いやぁ良い話だね。

まさにプロジェクトXのようなお話で、今にもヘッドライト・テールライトが流れてきそうだ。

「こんなこともあろうかと」の精神で、どんなことにも対応してきた技術者はすごいね。

日本に生れて良かった。




今日は模試があったな。

今回はなんか集中力が持たなかった。

終わった事を気にしては居られない。

次頑張ろう。




第3回コーラパーティーを開催した。

もうプライドを捨てようかと考えている。

あといろいろ考えなおそうと思った。

さぁ何のことだろうね。

俺にもわからないさ。

会談して少しは気が楽になったよ。

やっぱりお前さんは俺の事を理解してくれるね。

ありがとう。




先週の金曜日のお話。

父の日が近いと思い、買い物に行ってきた。

贈り物を買い、家へ帰りカレンダーを見る。

「父の日来週じゃん・・・」

まぁ1週間早くても良いかとポジティブに考え直し、買った物を渡したのであった。

今年の父の日は「6月20日」だ。

お忘れなく。




さて、明日は久しぶりの知識自慢厨の授業だ。

明日も頑張ろうか。

それでは、また明日。

Comment

非公開コメント

アクセスカウンター
  • 使用機材一覧
  • 最新記事
    最新コメント
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    08  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 
    サイト内検索
    リンク
     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。