スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

焼きそば

Category : 未分類
8月2日、やっと日差しが戻ってきてくれたな。

今週の予報はずっと晴れるみたいだぞ。

湿度も下がり、カラッとした暑さになるみたいだ。

暑さやびゃあ(^ω^;)

これも登場するかもしれないね。




昨日の夜にさ、小腹が空いたんだよ。

なんかないかと探索した結果、カップ焼きそば発見。

蓋を開けて、かやくを入れて・・・お湯を注ぐ。

3分が経ち、湯切りする。

!?

透明なはずのお湯に色がついている!!

そう、かやくを入れた後に「ソース」まで入れてしまったのである・・・。

湯切りの際にだばぁっと麺を水道に流すよりタチ悪いな。

いやぁ自分でも「こいつ大丈夫か?」とか思ったからね。

もう俺はだめかもしれない。

ちなみに、とんかつソースかけて食べたのであった。




書くことないんで、時事ニュースの話題でも。

埼玉県秩父市の山中で防災ヘリコプター墜落現場の取材に向かった日本テレビ記者2名が死亡。

2名とも水死だったそうだ。

ガイドの指示に従わず、軽装備で山岳地帯を進み亡くなったそうだ。

今から25年前、群馬県御巣鷹山に墜落し520名の命が失われた「日航123便」の事故をご存知だろうか。

この事故に関しては、今月12日の記事に詳しく書くが、この時と同じようなことが25年経った現在起きているわけだ。

現場の写真を抑えた者勝ち・・・現場を踏んだ者が出世できる・・・。

そんな業界がマスコミというものだ。

25年前の事故の時も、我先にと報道各社が山に入ったそうだ。

中には軽装備で入って、逆に救助されたという記者もいる。

今回は亡くなってしまったが、報道業界というものは恐ろしいな。

雲仙普賢岳噴火の時だってそうだ。

退去しろと言われているのに、危険地域でカメラを回し火砕流に飲み込まれて死亡。

最期の瞬間まで回り続けたカメラに残されていた映像は、今でも見ることができる。

この時は一般市民・消防・警察まで巻き込まれ犠牲になった。

世に情報を発信するのが仕事かもしれないが、命を失うまでやるのはどうなんだろうな。

戦場カメラマンは最初から覚悟が出来ているだろうけどさ。

もう少し命を大切にして欲しいものだ。




そんなわけで、今日の日記も終わりだな。

明日も晴れますように。

それでは、また明日。

Comment

非公開コメント

アクセスカウンター
  • 使用機材一覧
  • 最新記事
    最新コメント
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    08  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 
    サイト内検索
    リンク
     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。