スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3日目

Category : 未分類
P3150036.jpg

連日大きなゴシック体が見出しを飾る。

中を開けば、共同通信配信の記事が所狭しと並んでいる。

国内観測史上最大の地震から、3日が経った14日の出来事だ。

各紙・各通信社の見出しを見てみると、悲しい現実が今一度見えてくるな。


「死者・行方不明者4899人」(産経)

「警察の殉職者6人 不明は27人に」(同) 

「許可なしでも遺体埋葬」(読売)


犠牲者の数は今も増え続けている。

昨日「水素爆発の危機」と言っていた、福島第一原発3号機は13日午前11時1分爆発。

これに伴い、三陸沖に展開している米海軍第7艦隊航空母艦ロナルド・レーガンのヘリ要員が低レベルだが被爆したそうだ。

これに伴い、風下に離脱中とのこと。

米海軍第7艦隊の艦船が7隻も救援に駆けつけてくれるなんてすごいことだよな。

その中には揚陸指揮艦・第7艦隊旗艦ブルーリッジも含まれているそうだ。

強襲揚陸艦エセックスもいるのかね。

また自衛官も被爆したそうだ。

米軍からは「ホウ酸を空輸するので注入した方がいい」と言ってくれたのに、後処理が面倒ということで真水注入開始。

海水注入は塩分によって、炉が再使用不可能になるので躊躇。

結果、冷却水の水位が下がり海水注入したが、水素爆発を起こした。

これを書いてる今現在は、同原発2号機が冷却装置停止により海水注入中とのことだ。

廃炉覚悟で海水注入なんだろうな。

炉心の一部が溶融しているのだろうか。

溶融したものが冷却水に触れ、水蒸気爆発を起こさないことを祈る。




ローカルの地震関連のニュースを取り上げようか。

地元の陸自駐屯地から220人が災害派遣で現地に向かったそうだ。

ここの駐屯地には、施設隊と言ってこういう災害復興が仕事の隊があるからな。

頑張ってきてほしいね。

見学旅行の中学生、松島海岸で地震に遭うが無事家路につく。

見学旅行で宮城・岩手を訪れていたそうで、地震発生時は松島海岸で集合写真を撮ろうと整列していたところだったとか。

すぐさまバスで高台へ避難し、2日遅れだが家路についたそうだ。

松島といえば、航空自衛隊松島基地の被害が思い浮かぶな。

F2支援戦闘機・U125救難捜索機・ブルーインパルス予備機など28機が水没した。

救難捜索機は被害にあったが、UH60J救難ヘリコプターは大丈夫だったのだろうか。

タグボートによる接岸・離岸・曳航の仕事も、あの津波によって影響が出たそうだ。

流されるから、津波の時は離岸が多いかな。

沖に出て錨泊または津波に対して垂直に進めば生き残れるんだよな。

今日はこれくらいかな。


計画停電が始まった。

遠地だから関係ない、ではなく少しでも節電してあげようじゃないか。

こっちの送電施設も対応できるか点検が始まったそうだよ。

1日でも早い復興をお祈りしております。

Comment

非公開コメント

アクセスカウンター
  • 使用機材一覧
  • 最新記事
    最新コメント
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    08  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 
    サイト内検索
    リンク
     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。