スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

良いものを書こうとするな

Category : 未分類
11月5日

何度このページを開いては閉じたことか。

ある放送作家は言いました。

「良いものを書こうとするな」

そういうわけなんで、また明日。

テーマを与えられれば、長々と書くことはできるが、何も無いからな。

あ、「ステキな隠し撮り」面白いです。

10月29日に公開された「ステキな金縛り」のスピンオフドラマ。

なにげに韻を踏んでるのが三谷幸喜らしいな。

三谷幸喜作品といえば「古畑任三郎シリーズ」だよな。

映画を一時停止したようにスポットライトが当てられ物語について語るという、斬新な演出が魅力の一つだ。

三谷幸喜監督の映画では、初監督作品「ラヂオの時間」が好きだ。

あるラジオドラマの制作現場を描く作品なんだが、無茶難題を三谷ならではの見せ方で解決していく作品。

白い巨塔で有名な唐沢寿明の若かった頃の姿が見れる。

先週放送された「ザ・マジックアワー」が一番三谷作品らしいと言えるだろう。

コントのように物語が進行していく同作品は、眠れない夜には最適だと言えよう。

三谷作品の特徴としてもう一つ言えることは、豪華なキャストだ。

唐沢寿明・佐藤浩市・寺島進・西田敏行・深津絵里・綾瀬はるか・小日向文世・西村雅彦・布施明・・・

と、豪華俳優女優陣が名を連ねる。

「ラヂオの時間」では、世界でも名高い渡辺謙が出演している。

しかも「トラックドライバー」という、そんなに出番のない役に。

渡辺謙のムダ使いと言ってもいいだろう。

もちろん良い意味で。

「ラヂオの時間」は1997年公開、渡辺謙の世界進出と言われた「ラストサムライ」は2003年公開。

三谷幸喜の目は先をも見通す目だと言えよう。




長々と書いてきたが、「ステキな隠し撮り」は後半へと差し掛かったところだ。

こうして「三谷幸喜」というテーマの上で書いてきたが、意味のわからん文章だな。

「良いものを書こうとするな」

多くの駄文の中の、ほんのちょっぴりの「良いもの」を探すのも乙なものだ。

明日も「良いものを書こうとしない」当サイトにお付き合いください。

それでは、また明日。

Comment

非公開コメント

アクセスカウンター
  • 使用機材一覧
  • 最新記事
    最新コメント
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    08  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 
    サイト内検索
    リンク
     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。