スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本へのこだわり

Category : 未分類
3月5日

また雪が降りだしたな。

もう雪はいらないよ。

明日の朝は雪かきに追われることだろう。




昨日書いた通り、TSUTAYAで本を買ってきた。

IMG_1352.jpg

「河北新報のいちばん長い日-震災下の地元紙」(文芸春秋)1400円
「記者は何を見たのか-3・11東日本大震災」(中央公論新社)1575円


どちらも震災時の新聞社・新聞記者について書かれたノンフィクション。

内容はまだ読んでないから書けないんだけど。

本っていうのは、見つけた時に買わないと後に後悔する。

絶版になったら、よっぽどじゃない限り手に入らないからな。

中古本は絶対に買わないし。

コミックは中古本ばっかりって人結構いるけど、絶対許せないな。

本との出会いは一期一会。

俺はラノベとか文庫本以外は、躊躇せず購入する。

特にハードカバーと新書。

アマゾンとかの通販でもあんまり買わないな。

自分の目で本のスレとか傷を確認して買いたいから。

あと帯な。

この「河北新報・・・」も、発売当時の帯が付いたものをあえて選んで買ってきた。

映像化されると、必ずといっていいほど「ドラマ化決定!」とかデカデカと書かれている帯に変えられるんだよ。

あれは本の価値を下げるね。

あとは出来る限り「初版」のものを買うようにしている。

今日買ったのは、どちらも「第3版」だったけど。

個人的な本へのこだわりだ。

明日6日21時から、日本テレビ系にて石巻日日新聞社についての再現ドラマが放送される。

震災時、津波で輪転機が水没し、新聞の印刷ができなかった同新聞社は、壁新聞の号外で大震災を伝えた。

新聞のロール紙に油性マジックで書かれた号外は、アメリカにあるニュース・ジャーナリズム博物館ニュージアムに展示されることになった。

こちらも期待だ。

こっちの原作も探したんだけど、あいにく在庫切れだった。

雪が落ち着いたら、ちょっと探しに行って買おうと思う。




懐中電灯と言ったらどんなものを思い浮かべるだろうか。

俺は黒くてアルミでできている奴だな。

フラッシュライトと呼ばれていて、一部の自衛隊・海保・消防なんかで使われているプロユースのもの。

代表的なのは「マグライト」だな。

うちにもマグライトが2本ある。

1本は普通の電球タイプ、もう1本はLEDのもの。

2本とも長さ18cmほどのコンパクトなものだ。

そしてもう1本、メーカー不明だが30cmほどの大型LEDフラッシュライトがあった。

あったと言うのだから、今はないんだな。

去年の秋、漁港で夜釣りをしていた時に不注意で落としたんだよ。

普通は壊れないんだけど、LEDの電極が折れたのか、壊れてしまった。

東日本大震災のような災害が起きた時、コンパクトなマグライトじゃ力不足だってことで、これを購入しようと思う。

31rNvTXQ8sL__SS400_.jpg

サンジェルマン LED LENSER(レッドレンザー)P17

LED1灯式のフラッシュライトだけど、最大光量220ルーメン、最大照射距離330m。

一番優れている点は、単一電池3本で最長480時間(Lo)の連続点灯時間であること。

Hiでも55時間もつっていうのが素晴らしい。

防塵防水で耐久性は抜群で、長さ30cmとちょうど良い大きさでもある。

もちろんプロユース。

気になるお値段は、Amazonで7350円。

同程度のマグライトと比べたら少し値が張るが、LEDで電球切れの心配はないし、なんといっても明るさが全然違う。

1家に1本、災害の備えに配備しておくことをおすすめする。

これを4月下旬をめどに調達しようと考えている。

それまでに大災害が起きないよう祈ることにするよ。

あと製造中止と在庫切れな。





明日は高校入試だそうだ。

雪の影響が出ないといいな。

明後日水曜日は、また買い物のレビュー記事になると思う。

製品紹介ばっかりしてるけど、今流行りのステルスマーケティングとかアフィリエイトとは、全く無関係だ。

お時間ありましたら、一読しに来てくださいな。

それでは。


撮影データ
機種 : Canon EOS 60D
露出時間 : 1/250秒
レンズF値 : F8.0
露出制御モード : 絞り優先AE
ISO感度 : 400
EF-S18-55mm f/3.5-5.6 IS II
スピードライト430EXⅡ(バウンス)

今回はカレンダーの排紙があったので、それを敷いて撮影。
カレンダーのように大きくて白い紙はレフ板や背景、バウンス用に重宝する。
表面がツルツルのものと、表面がザラザラのもの、2種類をストックしておくと捗るだろう。
オークション用の商品画像、宣材写真・証明写真用のレフ板に最適だ。
アマチュアで、出来る限りお金をかけないで綺麗に撮影したいなら、これで決まり。

Comment

非公開コメント

アクセスカウンター
  • 使用機材一覧
  • 最新記事
    最新コメント
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    08  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 
    サイト内検索
    リンク
     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。