スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花火写真の撮影方法

Category : 未分類
今日は講座的に書いてみようか。
昨日行われた「室蘭民報社主催 むろらん港まつり納涼花火」の撮影について。
現場に入ったのは18時30分過ぎ。
ロケハンしながら歩く。
本当は帆船「海王丸」の船首付近から撮影したかったが、人が多いし自分一人で見に来ているわけではないから、ほかの場所を探す。
140周年記念行事なので、海王丸か同じく寄港している「飛鳥Ⅱ」を入れて撮りたい。
決まったのが19時過ぎ。

IMG_6457.jpg

大体の構図を決める。
フェンスの隙間にレンズを差し込んでセッティングした。

IMG_6462.jpg

絞り・焦点距離を調節するためテストカットを量産する。
今回は20枚も量産した。
まだまだ少ない方。

IMG_6465.jpg

花火大会では、時報代わりに五段雷が打ち上げられる。
そこは必ず抑えておきたいところだ。
写真のように、花火の打ち上げ予定場所を確認するためだ。
事前に打ち上げ地点を把握することはできるが、高さはなかなかわからないものだ。
構図の最終確認を済ませ待機する。

ちなみにこの五段雷を撮ろうとした瞬間携帯に着信が。
危なく撮り逃がすところだった。

名称未設定2

出来上がりがこれ。

室蘭民報1面のインパクトには欠けるけど。



これから全国各地で花火大会が催されると思うが、少しでも上手く花火の写真を撮る方法を書いておく。

コンパクトデジタルカメラの場合
 1.三脚にデジタルカメラを固定する。
 2.撮影モードを「夜景」モードにする。(フラッシュは発光禁止に)
 3.1発目の花火は撮影見送りし、1発目炸裂時にシャッターボタン半押しでピントを合わせる。
 4.2発目が発射された瞬間にシャッターボタンを全押しする。(撮影完了が若干遅いが故障ではない)
 ※4のタイミングは機種・環境によって違うので、その場でタイミングをずらすなどの工夫を。

デジタル一眼レフカメラの場合
 1,三脚に固定し、リモートレリーズを接続する。
 2、撮影モードを「バルブ」に、ISOを最低値に。(大抵ISO100前後)
 3,単発花火は「F8」、連発花火は「F11~16」(場合によってはF22)
 4,焦点距離は1発目で合わせ(AFにて)、MFに切り替える。
 5、花火が発射された瞬間にレリーズスタートし、花火が消えるまで露光する。(秒数は自分で加減する。)
 

コンデジで失敗してしまう原因は大きく分けて2つ。
シャッターを切るタイミングと手ブレ。
コンデジはシャッタースピードを速くしようと機械がしてしまうので、夜景モードなどのシャッタースピードを遅くできるモードを使用する。(ハイエンドコンデジは除く)
よく花火が発光してからシャッター切る人がいるが、それでは遅すぎて写っても「点」の状態になってしまう。
少し早めに押すと良いだろう。
ピント合わせと手ブレ防止は、上記の通り。
コンデジで撮影するのは難しいので、自分の目で見て、心のシャッターを切るほうがいいと思うよ。


デジタル一眼レフカメラは、はっきり言ってベリーイージーモードだ。
絞りについて言うと、F値が小さいと「光跡が太く」大きいと「光跡が細く」写る。
なぜそうなるのかは、説明するのが面倒だから自分で調べてね。
じゃあ開放(F2.8とか)にすればいいんじゃね?って思うがセンサーに入ってくる光量が多すぎるので向かない。
焦点距離について、よく「無限遠に設定し・・・」と書かれているサイトがあるが、確かに無限遠でも写る。
でも無限遠より手前の場合もあるので注意。
今のカメラの性能は良いから、フォーカスロックを使うのも手だと個人的には思う。

以下、作例。

IMG_6579.jpg
名称未設定4 - コピー
名称未設定3 - コピー
IMG_6573.jpg
名称未設定2 - コピー


IMG_6636.jpg
IMG_6673.jpg

花火終了後の21時、寄港していた飛鳥Ⅱが出港。
対岸に接岸している海王丸の汽笛長音1発のあと、長音3発で返信し漆黒の港を出港していった。
スチルからムービーに切り替え撮影していたが、ムービーもなかなかいいものだと感じた。



今週も1週間分長々と書かせていただいた。
明日はやっと休みだよ。
来週は結構大変な1週間になりそうだ。
来週末は更新できるないかもしれないし、ひょっこり更新するかもしれない。
不定期になってしまったけれど、書いてる中の人は変わりません。
今後も気が向いた時に足を運んでいただけたらなと思います。

Comment

非公開コメント

アクセスカウンター
  • 使用機材一覧
  • 最新記事
    最新コメント
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    08  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 
    サイト内検索
    リンク
     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。