スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

G500

Category : 未分類
今日は2回も日記書いちゃうよ。
こっちはレビューということで。


やっと届いたぜ・・・。
佐川さんよ、チャイムも鳴らさずに居ない判定するのはどうなのよ。
こちとら朝からスタンバイしとるんじゃ。チャイム鳴らして不在票入れたらどうなんや。
ヤマトなんて「今行きます電話」掛けてくるんだぞ。ちょっとは見習えよ。
だから佐川は嫌いだ。日通とヤマトは朝一に来てくれるし、親切で好きよ。

ドーン!
P1140081.jpg


P1140085.jpg
ロジクールG500ゲーミングマウス

IME3.0も良かったんだけどね、ちょっと冒険してみようかなと思って。

10個のカスタマイズ可能なボタン、ウエイト調節、2種類のスクロール機能、解像度300~5700まで切り替え可能な最新鋭のレーザーエンジンなどなど、カタログスペックはものすごいマウス。

果たして吉と出るか凶と出るか・・・。

P1140090.jpg
霜降り・・・と言っていいのかな?迷彩塗装の本体。
ホールド感・フィット感はまずまず。

P1140093.jpg
レーザーポイント部は、本体上部側中央に位置していて、手首の少しの返しでもポインタが大きく動く。
今までより感度を落とせば問題ないかな。
高感度プレイヤーも低感度プレイヤーもさほど支障ないかと。
下に見える穴は、後述のウエイト調節用のカートリッジをいれるところ。

P1140096.jpg
付属品には、ウエイト調節用の重りと、カートリッジが付いている。
旧マウスが異常に重たかったので、15.8g増加させている。

P1140097.jpg
スクロールホイールとスクロールモード切り替えボタン。
このボタンを押すことによって、普通の「コリコリ?」のモードと、「指で回すと慣性で10秒くらい回り続ける」モードに切り替えられる。
ゲーム中では、コリコリモードで、巨大掲示板などは回り続けるモードを使うとすごく便利。
チルト機能といって、ホイールを左右に倒すことも可能。これもカスタマイズできる。

左クリックボタンの横にあるのが、解像度切り替えボタン。
5700なんて誰が使うのだろうか・・・。
ドライバで他の機能にすることも可能。

親指が当たるところにある3つのボタン。
「戻る」「進む」を割り当てるであろうボタンと、第3のサイドボタン。
第3のボタンも結構押しやすくて良い感じ。

ロジクールのゲーミングシリーズは「USBコードに布が巻いてある」が、以前からあるヘッドセットは極太USB仕様の布巻きだったが、このマウスは細USB仕様の布が巻いてあるタイプだった。
ネット上で堅いと評判だが、G35の堅さと比べたら可愛すぎる。
さらに結ばさったりはしないのが良い。

最後に、カスタマイズしたデータを本体メモリに1つだけ保存できる。
ゲームでマクロ組むことも可能だけど、マクロは使わないかな。

総評は全体的に良い感じかな。
最新鋭のレーザーエンジンを搭載し、あの名機G5の良さを引き継いだG500。
これが4950円で買えるというのなら、これはお得ではないか。

P1140102.jpg
さらば旧マウスforever・・・のはずはない。
結構思い出深いマウスなんでね、バックアップとして頑張っていただく。


慣らすためにいろんなゲームやりまくることにする。
これで3日は暇をつぶせそうだ。

普通の日記はいつも通り夜かな。
それではまたあとで。

Comment

非公開コメント

アクセスカウンター
  • 使用機材一覧
  • 最新記事
    最新コメント
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    08  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 
    サイト内検索
    リンク
     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。