スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BDP-S190 レビュー

Category : レビュー
今年も残り8週。
あと8回月曜日を迎えると来年ですよ。
早いもんだね。

今日はレビューです。
第1弾はこれ
IMG_9579.jpg
昨日のお昼に注文して、今日の朝到着した。
IMG_9580.jpg
梱包はこんな感じ。
ちゃんとラップ状のもので固定されていた。
IMG_9582.jpg
ソニー ブルーレイプレーヤー「BDP-S190」
コジマ電気オンラインで10580円で購入した。
コジマ電気オンラインは、初めての利用だったんだけど、ここはお勧めですよ。
送料無料・代引き手数料無料
これは高評価ですよ。
そして、他のオンラインショップでは、ソニーの箱に伝票を直接貼って発送なんだけど、ここはちゃんと「別箱」に入れて発送してくれた。
こういう精密機器をネットで頼むと、輸送時のダメージが心配だが、きちんと配慮されていた。
しかも注文時の在庫状況が「お取り寄せ」だったのにもかかわらず、自宅から近い店(と言っても札幌)から発送してくれて、注文から24時間も経っていないのに到着した。
コジマさん、今まで舐めてました。

IMG_9584.jpg
内容物
・本体
・リモコン
・テスト電池
・映像/音声ケーブル(黄色・白・赤のケーブル)
・取説

シンプルで言うことがない。
でもひとつだけ。
「映像/音声ケーブル」ってのが、どのプレーヤーにも付属してるけど、これHDMIケーブルにしてくれないものかね。
著作権の関係で、アナログ出力が規制されるんだし、後継機からはHDMIケーブルにしてほしい。
使わないケーブルを付けられるくらいなら、その分価格を下げて欲しい。
極稀にこのケーブルを使っている人もいるみたいだけど。

IMG_9588.jpg

この機種の最大の売りである「大きさ」
比較対象は、薄型PS2だ。
ちょっとわかりにくいけど勘弁してくれ。
幅29センチで、PS3とPS2の間くらいの大きさかな。
薄型PS3を見たことがないから、なんとも言えないけど。

こんなに小さいのに、中身は手抜きなし。
HDMI端子1、デジタル音声出力(同軸)1、アナログ出力1、USB1、LANポート1
うちでは、テレビとHDMIで接続、そしてサラウンドシステムのアンプと同軸ケーブルで接続した。
光デジタル音声出力が無いのは多少気になるが、アンプの光入力が埋まっていたから、まぁいいだろう。
アンプにHDMI端子があるならもっと簡単に接続できる。
そして稼動音なんだが、ほぼ無音。
電源を入れても気が付かないほど。
本体上部に直接操作ボタンがあって、そこのイルミネーションが光るので気がつく感じ。
起動時間も、高速起動ONですぐ起動する。

操作性について。
我が家のリビングには、ソニーのテレビとレコーダーがあるんだが、同じ操作系統だからまったく取説を読んでいない。
それくらいそのまま。
こういう共通化は良いね。
ただ、クロスメディアバーの横移動が若干カクつく。
縦移動はぬるぬる動くし、巻き戻し・早送りも全くカクつかない。
ソニー製のテレビ・レコーダーをお持ちなら、プレーヤーもソニーが良いだろう。

再生性能について。
まずはブルーレイ。
文句のつけようがないね。
巻き戻し・早送りもスムース。
そしてDVD。
DVDというのは、記録されている解像度が720×480。
そしてブルーレイはフルHD(1920×1080)。
今の時代の一般的なテレビでDVDを再生すると、もやっとした映像で再生されてしまう。
でもこのプレーヤーは「プレシジョンシネマHDアップスケール」という機能がある。
これは映像を引き伸ばすけど、もやっとした映像を少しでもきれいにする機能だ。
3本のDVDソフトで検証してみた。※

A 涼宮ハルヒの激奏
B エネミーライン
C 新劇場版エヴァンゲリオン破

結果
A DVDの発売時期が一番古いこともあって、やはりもやっとした映像に。記録されているソースにも問題あり。
B 普通に綺麗。ストレスを感じさせない程度の画質。近づけば粗は見えるが。
C あれ?これDVDだよね?と疑うほど綺麗。ブルーレイと一見間違えるほど綺麗。近づけば粗は見えるけどね。

こんな感じ。
やはり記録されているソースの影響が大きいのかもしれない。
最近のDVDなら、まだまだ勝負できる画質まで映像処理されている。
(※Xbox360の映像と比較)

音響性能について。
本体→同軸→アンプ、本体→HDMI→テレビ→光出力→アンプ
どちらもなんら問題なくサラウンド再生できている。

ネットワーク性能について。
LANケーブルを繋げばテレビでYouTubeが見れます。
でも操作性でパソコンには勝てません。
使う人は使ってね程度。

総評
これで1万弱なら、かなりコストパフォーマンスがいいと思う。
最初は、パソコン用の外付けBDドライブを検討していたが、パソコン性能に左右されるし、添付ソフトを入れて再生しないといけないから、選定候補から除外した。
この添付ソフトがなかなかクセモノだから、ブルーレイプレーヤーを検討している人は要注意。
そして自室にある32インチの大画面で、ライブ映像を高画質かつ高音質で見たかったから、テレビ用BDプレーヤーを選定した。
お金に余裕が有るのなら、PS3を買ったほうがいろいろ楽しめるかもしれないけど、PS3でゲームしないし・・・っていう、俺みたいな人はこれで十分。
他メーカーの同価格帯BDプレーヤーも数多くあるが、大きさ・操作性等でこの機種は優れていると感じる。
普段使っているテレビ・レコーダーの会社の機種を選定するのもひとつの手だ。
「映画を観る時はね、誰にも邪魔されず自由でなんというか救われてなきゃあダメなんだ。独りで静かで豊かで・・・」って人は、この機種がお勧めですよ!

ソニー BDP-S190 商品ページ


Comment

非公開コメント

アクセスカウンター
  • 使用機材一覧
  • 最新記事
    最新コメント
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    08  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 
    サイト内検索
    リンク
     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。