スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Old soldiers never die; they just fade away

Category : 未分類
年度末間際のこの3ヶ月間は、新年度に向けて物品の入れ替えが行われることが多い。
そんな今日28日に一線を退いた1隻の船がある。
IMG_0917.jpg
第一管区海上保安本部室蘭海上保安部所属 消防艇「りゅうせい」(55㌧)
昭和55年3月24日に就役し、約32年間室蘭港内外の海の安全を守ってきた。
IMG_0928.jpg
赤い櫓(やぐら)が特徴の同船は、4基の放水銃を備え毎分2000~4000トンの放水能力を持つ。
また自船防護用自動噴霧装置、油除去剤散布装置も備える。
地震等で消火栓が使用できない際には、海水を汲み上げ陸上のポンプ車に中継送水をすることができる。
IMG_0923.jpg
この街にかなり長く住んでいる方なら薄らぼんやり覚えていませんか。
1965年(昭40年)5月23日午前7時10分、原油を満載し室蘭港に入港したノルウェー船籍のタンカー「ヘイムバード」が接岸作業中に岸壁に衝突し、28日間に渡り炎上した事故を。
その事故を気に建造された初代消防船「ひりゅう」型の第二世代消防艇「ぬのびき」型の9番船がこの「りゅうせい」だ。
主な出動実績は次の通り。
平成5年  ケミカルタンカー爆発火災事故救助活動
平成9年  イカ釣り漁船第27憲栄丸火災事故救助活動
平成14年  十勝沖地震に伴う長周期地震動による出光興産苫小牧製油所ナフサタンク火災消火活動
32年間の航続距離14万キロ、出動件数100件、救助船舶10隻、救助人数57名(1管本部発表)

IMG_0921.jpg
船体には錆、そしてへこみが。
消防船艇は任務上稼働時間が比較的少ないが、代替基準とされる船齢25年を上回っており、今回新造船に代替となる。
新造船は、消防機能強化型巡視艇「よど」型6番船「りゅうせい」(125㌧)が2月14日に就役予定。
室蘭海上保安部所属のグレーの船体の旧塗装船は姿を消し、一部特殊任務船を除き白地に青のマーキングの新塗装船となる。

老兵は死なずただ消え去るのみ (ダグラス・マッカーサー)

photo160970.jpg
photo160972.jpg

Comment

非公開コメント

アクセスカウンター
  • 使用機材一覧
  • 最新記事
    最新コメント
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    08  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 
    サイト内検索
    リンク
     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。