スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無題

Category : 未分類
見出し
「拳銃」「発砲」「恐怖」

見慣れない単語が新聞の見出しを騒がせている。
「登別温泉殺人」なんて言葉を、2時間サスペンスドラマ以外で目にするとは思ってもいなかった。
なかなか複雑な問題なのでコメントは差し控えるが、そうそう起きては欲しくない出来事だ。
最近何かと有名になるこの街。
「ひき逃げ」「暴行殺人」「大停電」「発砲殺人」
イメージダウンを懸念されている方もいるが、完全な「もらい事故」。
予想も回避も対策もできない。
今週末2月3日・4日には「登別温泉湯まつり」が。
来週には「さっぽろ雪まつり」が控えている。
いつも通りの「おもてなし」で、いつも通りの「活気」が温泉街に溢れることを祈っている。


それにしても気になるのが、所轄署の応援として来た「マル暴」でお馴染み、本部執行隊刑事部組織犯罪対策局捜査第四課の刑事達。
事件の一報を受け、札幌から緊走で飛ばしてきたんだろう。
一体何分で現着したんだろうな。
警察車両10台近くが車列をなして、ものすごい速度で温泉街に走っていったと聞いている。
改めて機動力の高さを知ることが出来た。
その機動力と、道警航空隊をはじめとする緊急配備などの機動捜査が被疑者の早期発見に繋がった。
これにはさすがの一言に尽きる。
「銃」という馴染みの無い武器が、こんなに身近にあるなんて。
銃密輸入の水際阻止、そして治安維持に全力を尽くしてほしい。

Comment

非公開コメント

アクセスカウンター
  • 使用機材一覧
  • 最新記事
    最新コメント
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    08  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 
    サイト内検索
    リンク
     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。