スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジブリの夏

Category : 未分類
20130704001.png
今年もジブリの夏がやってくる。
明日5日の金曜ロードショーは「耳をすませば」
1995年にスタジオジブリ制作の映画として公開された作品。

あらすじ
読書好きの中学3年の月島雫は、父の勤める図書館へよく通うが、自分の読む本を全て先に借りて読んでいる「天沢聖司」の名前に気がつく。その天沢聖司が同級生だと知るのに時間はかからなかったが、天沢聖司のことが何かと気になる雫。
ある日、図書館への道で変な猫を見つけ、その猫を追いかける。猫は小さなアンティークショップ「地球屋」へ入っていき、雫は店で老人・西司朗と出会う。西老人は聖司の祖父で、彼は地下の工房でヴァイオリンを作っていた。聖司はヴァイオリン職人になるためにイタリアへ留学したいという夢をもっていた。
確固たる目標を持っている聖司に比べて、何をするべきかが分からない雫。雫は自分の夢を求め、物語を書き始める。

「耳をすませば」の放送を心の底から楽しみにしていた。
思い起こせば1年前「コンクリートロードはやめたほうがいいぜ・・・。」 というセリフの場面を観たいがためにDVDをレンタルしてきた。
それくらい「耳をすませば」が観たかった。
スタジオジブリ特有の「古臭さ」とスタジオジブリ特有の「甘く切ないラブストーリー」が合わさった作品で、私的ジブリランキングではかなり上位に位置している作品だ。
明日の放送の際には、本編に登場する「猫」をよく覚えておいてください。
2週間後「お!」と思うでしょう。

冒頭の画像の通りジブリの夏がやってくる。
4週連続でジブリ作品が放送される毎年恒例行事だ。
1週目は中学生特有の痛い替え歌を披露していたところ、これまた中学生特有のすました少年に出会う話「耳をすませば」-遙かなる故郷へつづく道「コンクリートロード」
2週目は狸達の狸達による狸達のための人間に対しての抵抗を描いた「平成狸合戦ぽんぽこ」-行儀よく真面目なんてできやしなかった…。
3週目は1匹の猫を救ったことで始まるありがた迷惑「猫の恩返し」-折れたクロス1万円、猫の命プライスレス。
4週目は肉団子を買って仕事場に戻ると空から女の子が落ちてきた話「天空の城ラピュタ」-サーバー負荷テスト「バルス!」

どこまで真面目に予告してるかは、あなたの目でお確かめください。
放送はそれぞれ金曜日の21時から日本テレビ系にて。
ジブリの夏、日本の夏。
お楽しみに。

Comment

非公開コメント

アクセスカウンター
  • 使用機材一覧
  • 最新記事
    最新コメント
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    08  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 
    サイト内検索
    リンク
     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。