スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風立ちぬ

Category : 未分類
IMG_3650.jpg
今日から全国ロードショーが開始されたスタジオジブリ制作、宮崎駿監督の最新作「風立ちぬ」を観てきた。
主人公「堀越二郎」の半生を描いた作品で、宮崎駿が監督した作品では初の実在する人物にスポットを当てた作品だ。
また従来の作品ではほんの数日の出来事を描いた作品が多かったが、この作品は幼少期からの半生を描いている。
主人公「堀越二郎」は七試艦上戦闘機、九試単座戦闘機、そして有名な零式艦上戦闘機、YS-11の設計を手掛けた人物。

ネタバレは特に書いていないが、感想が長いんで区切っておく。
ネタバレを避けてざっと感想を書かせていただくと、全編通して「風」の表現が素晴らしい。
音であったり、描写であったり、言葉であったり。
ありとあらゆる表現方法で「風」を演出している点が素晴らしかった。
また宮崎作品特有の「飛行機」もかなりこだわって描かれていたのが見どころだ。
本作では効果音にこだわり、手作りの音で効果音を当てている。
これがまたひとつの「味」としてマッチしていて良かった。
主人公「堀越二郎」のCVをエヴァンゲリオンの監督である庵野秀明が担当しているが、思っていたより違和感なくはまっていた。
ジブリ作品は職業声優を使わず、声優業には素人を起用するというのが一種の特徴となっているが、これもひとつの「味」として良かった。
となりのトトロのお父さん役である糸井重里であったり、「耳をすませば」のお父さん役である立花隆など、普通のアニメーション作品では棒読みと聞こえてしまうが、ジブリ作品とってはひとつの味だ。
「物語」としてではなく「日常風景」の一部分を見ているような気持ちにさせてくれる。
劇中音楽は久石譲が担当。
ジブリ作品ではお馴染みの久石だが、今作も雰囲気の良い曲ばかりだった。
特に弦楽器が。
堀越二郎の半生と堀辰雄の「風立ちぬ」ベースに物語が描かれているが、トーマス・マンの「魔の山」の要素も少しながら入っていた。
これは劇中で探していただきたい。
IMG_3653.jpg
本作のテーマ曲「ひこうき雲」は、この作品のために書き下ろした新曲かのように驚くほどマッチしている。
全編見終わってこの曲が流れるが、歌詞と本編がシンクロし、余韻に浸れる。
曲中「空に憧れて 空をかけてゆく」という歌詞が登場する。
ぜひ頭に入れて作品を見てほしい。
主人公「堀越二郎」の心境がより分かるだろう。
飛行機好きとしては、結構考えさせられた。
自分は昔戦闘機ではないが、航空自衛隊のT4練習機の後席に乗せてもらったことがある。
エンジンスタートのキーンというだんだん大きくなる音とともに正面右側にあるメーターの回転数が上がっていくのを見ると、こんなものが空を飛ぶのかと驚きながら感動したものだ。
あの時の空への憧れは、本編中の幼い頃の堀越二郎と同じだった。
そして本作の企画書「飛行機は美しい夢」という言葉。
まさにその通りだ。
人間は今も昔も空に憧れ、空に夢を見ている。

予告にも多く出てきた本作のコピー「生きねば。」
この作品を象徴する言葉だ。
作品を見終わった後に意味がわかるだろう。
そして自分自身にも「生きねば。」と言い聞かせることだろう。

個人的にはとてもいい作品だと感じたが、客観的に観ると「人を選ぶ作品」と感じる。
本作では大正5年から昭和21年までが描かれており、子供にとっては少し難しい作品だろう。
子供に向けた作品ではなく、宮崎駿の描きたいことを思いっきり描いた作品ではないだろうか。
たばこ、恋愛、飛行機。
歴史の知識、航空機の知識を少しかじって行くと、また見方が変わるかもしれない。
関東大震災、世界恐慌、そして第二次大戦。
今の日本にも通ずるものを感じた。
今の時代だからこそ、あの時代を描いたという。
「楽しい作品」だと思って観ると退屈かもしれないが、「深く考えさせられる作品」として観ていただきたい。
あっさり見る作品ではなく、じっくり考えながら。
今日退屈だった子供も、10年20年後には理解できるかもしれない。

他のジブリの作品は「ファンタジー」だが、この作品は「ドラマ」「ドキュメント」の類に当てはまる。
大人向けだが、子供にもフォローしながら観ると楽しめるのではないだろうか。
実際に、上映終了後「ひこうき雲」を口ずさみながら帰っていく親子連れを見かけた。
彼にも「空への憧れ」が芽生えたのかもしれない。
空への憧れは永遠のものだ。
どこまでも続くひこうき雲のように。
IMG_3502 (2)

Comment

非公開コメント

アクセスカウンター
  • 使用機材一覧
  • 最新記事
    最新コメント
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    08  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 
    サイト内検索
    リンク
     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。